聖闘士星矢ハーデス冥界編 主要キャスト変更問題BLOG
聖闘士星矢ハーデス冥界編 主要キャスト変更問題について署名・不買の動きなど。 この問題をご存じない方は、リンクより各まとめサイトさんをご参照ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不買についてのコメント
不買へ至った思いを存分に語ってください。

あなたの不買宣言、不買を決めた思いなど語ってください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
不買に関する理由も何も…(苦笑)。

率直に言わせていただければ、頑張っている新キャストの方々には悪いですが、あんなへなちょこ声優を持ってこられても迷惑千万です。オリジナルキャストでなければ、完全な「不良品」または、「欠陥品」と認識させていただきます。生ぬるく「別の作品」等とは口が裂けても言えません。

「不良品」
「欠陥品」

そんな物に大金を払う気にもなりません。聖闘士星矢とは長いつき合いですし、深い思い入れや思い出が多々あります。だからこそ、やはりオリジナルキャストでなければ購入する気が起きないのです。
自ずから選んで購入する方は普通に購入すればいい。PPVで観られる方は観ればいいだけの話なわけで。
ただそれだけです。

それと、不買とはちょっと関係ないかも知れないのですが、多分エイベの策略なのだと思うのですが、小売店に「声優変更」について知らせず販売させようという行動があるらしいです(邪推でしょうか:汗)。

久々に「たのみこむ」を拝見したのですが、「金の卵・聖闘士星矢の続編」と言う事で、小売店はある程度までは一気に仕入れてしまうでしょう。しかし、もしそれが売れなかったら…。エイベは売れ残りを引き取ってはくれませんし、小売店ばかりが赤字になってしまいます。「たのみこむ」の書き込みでは、あるネットショップがそれに気付かず、親切な方が「声優が変更になっていますよ」との旨を伝えたらしいですね。小売店としては、聖闘士星矢はまさに「金の卵」。しかし今回の声優変更劇が影響して、もし大量入荷してもそれが売れずに残ってしまったら、ただのゴミ…。そんな店から何も知らずに買ったお客も大迷惑です。
こういった事も今後、地道ではありますが、各ショップの方で作品をどのように紹介しているのかも調べた方がいいと思います。そうしなければ、小売店や何も知らずに購入した人達ばかりが損をしてしまいます。

長文、失礼しました。
2005/12/04(日) 16:15:37 | URL | 今は匿名で #PeIhvJlI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/04(日) 16:44:33 | | #[ 編集]
私が見たかったのは89年4月1日の次の週の「聖闘士星矢」。「ハーデス十二宮」でもアイドル起用や黄金変更、演出その他で不満があるにはあったけれど、続きとして楽しめました。荒木氏の絵や横山先生の音楽は勿論、古谷さん達の変わらぬ声と演技があったからこそです。そしてこのまま、16年前に中断された思い出が完成してくれると信じて疑っていませんでした。
声が「老いた」などと車田先生はコメントされていますが(コメントのほうはもう消してしまわれたのですね。消す告知はされていましたが、アニメが始まってからの方が重要ではありませんか?)、よく聞けば多少の変化はあったかもしれません。しかし作品が駄目になるような類のものではありませんでした。演技(台詞回しや抑揚など)は期待通りのもので、台詞を聞くと胸が躍りました。
新キャストの方々も悪くはありません。しかし、続きとして楽しむことはもう出来ません。新キャストの方々を使われるなら、最初からリメイクして、そちらで演じていただきたかった。新キャストの方々が一から育てる「星矢」が見たかった。今まで「星矢」を育ててきた人たちを切り捨てて新しいキャストに変えるなど、まるで木に竹を接ぐような今回のやり方はどうしても納得がいきません。
2005/12/04(日) 18:16:43 | URL | #cK/mxtr.[ 編集]
一体誰の為の「星矢」なのか…
さんざん、あちこちで思いの丈を述べてきましたが、まだまだ腹の虫が納まりません。

一体、誰の為の「星矢」なのでしょう。何年もたって、原作のアニメ化されていない部分を喜ぶファンというのは、「それまでの」ファンであり、「これからの」ファンではないということは、少し考えればわかりそうなものです。

大勢いたであろう「復活」を喜ぶ声を尻目に、ごく少数の「苦情」の部分だけを言い訳の為に利用し、なおかつ、声優が悪い、アニメが悪い、作品が悪いなど責任を転嫁転嫁、また転嫁。文句を言うのでしたら、はじめからシナリオでも提供なさればよいものを。たった4ページのマンガから壮大(?)な物語へと話を膨らませろというのが間違いなのでは?

とはいえ、すでに削除された告知文についてなので引き合いに出しても確認の術が無いのでその件はここまでとしまして、始めに戻りますが、一体、誰の為の「星矢」なのでしょうか。

答えは、原作者とごく一部の周りのイエスマン、それから物語途中での声優変更が“我慢ができる”少数のファンの為ではないのか──と思います。

今まで冥界編のアニメ化を夢見て、希望を持って投資してきたファンのお金を使って、ごく一部の方の為に作られるのが「新生星矢」ですか? 裏切り行為です。そんな血も涙も無いようなことを、よくぞ平気で行えるものです。

許しがたいことです。どこかで止めることはできなかったのでしょうか。そこまで、そんな決定を重んじねばならない理由でもあったのでしょうか。

間違っています。署名も手紙も電話での抗議も質問も訴えも通じないというのなら、もう、身を持って知っていただく以外に手はありません。なので、わたしも不買に踏み切らせていただくことにいたしました。すでに、こちらに掲載しているいくつかの企業に手紙にて表明させていただきました。

「星矢なのだから、ファンは出せばなんだって買う」とお思いのようですが、ファンを、消費者をあまり甘くみないでいただきたい。
2005/12/04(日) 20:08:43 | URL | #oh4NkpYI[ 編集]
不買宣言に当って
小売店を確認して愕然としました。
声優変更、メーカー変更の情報記載がない状態で内金予約を始めてしまったのであれば不良品を堂々と売りつける詐欺販売に限りなく近い状態です。

「あれでは詐欺じゃないのか」
「知らずに買った人が可哀想だ」

その声が挙がるのも、成る程無理も無い。

原作者と新声優陣はあれを「公式」としているのでしょうが、「ただ自分さえよかったらそれで気が済む」物を弱者に対して力任せに売りつける。そしてまともに商品にすらなっていない物にお金を出させてしまう事。現状のままではそれが事実なのでしょう。

ましてこれまで素晴らしい作品を生み出し続けた国産アニメで、聖闘士星矢もその一つに挙げられる中で、そのような信頼破綻を犯して許されるのでしょうか?

個人的にですが、現状では、聖闘士星矢冥界編に留まらず、新声優陣出演関連の番組も当面一切視聴購入しない事に決めました。半年前までは問題なく新声優陣関連の番組も視聴していましたが、この問題に何らかの見通しが立つまでは視聴封印いたします。

国産アニメが様々な評価を得ているのは承知です。しかし、欲に目が出て極端な奢り態度を振りかざしてしまえば、一体どうなってしまうでしょうか。

国産アニメの、一体何が今まで非常に高い評価として支持され続けたか。
とにかく視聴者を楽しませる事。
視聴者へ感動を提供する事。
そして、時には「視聴者一人がこの世に生まれた価値の尊さ」そのものが総合的に判断されてお金を払えるかどうかの直接的な評価になるのです。

ある意味では、近年の「とにかく物を出し続ければマニアが購入して行く」
テレビ版当時とは違うオタク文化の風潮が今回のような形の商品を出してしまう事への「許し」「甘え」に繋がったのかもしれません。しかし、その表面上のオタク文化ばかりがアニメの全てだと決め付けられてしまう事。物だけを競争線上的に求めるマニアでなければアニメが見れない近年の傾向に心底辟易もしています。
マニア層、コレクター層だけが、この作品支持者ではない事をどうか知って頂きたく思います。
そして、抗議出来る立場だからこそ、国産アニメの行く末が非常に心配でもあるのです。
2005/12/04(日) 22:37:55 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
管理人連絡
>匿名さん
お気になさらず。連絡がついたということで連絡コメントは削除させていただきました。ところで他にも管理人宛コメントになっている方がいらっしゃるのですが、お心当たりの方で表示にしたい方はお申し付けください。(メアド付けました)
2005/12/05(月) 20:48:04 | URL | 管理人 #vFYLTPDc[ 編集]
車田さんの新しいHPの更新を見ましたが
なんだかわざとファンを怒らせるような
事をしてる感じですね。
ファンを怒らせる事になんの得があるのか
わかりませんが、原作者に一矢報いる
意味でも不買運動に参加します。
2005/12/08(木) 01:54:48 | URL | #RDcmtHLc[ 編集]
とりあえず、冥界編は買いません。もう、それだけです。
声優が変更されているにも関わらず、それを告知せずに予約活動がなされているとのことですが、小売店にしてみれば「そんな情報は聞かされていない」だけなんでしょうから、悪いのは小売店ではないように思います。
だとしたら、誰の悪知恵なんでしょうね。

とにかく。
今後車田という名前がついたものは一切絶対買いません。借りません。彼に印税が行くようなアクションは、一切とりません。
車田さん(のマネージャーと称する方)の告知文、オリジナルキャストの声優陣に対し、あまりに失礼なものの言い方でしたね。
車田プロにお金が少しでも流れるようなものは、一切買いませんよ。
悔しいですが、過去のテレビシリーズのサントラ(持っていないんですよ。CDは…)なども、今後は一切買いません。
車田プロにお金が入ってしまいますから。
2005/12/13(火) 20:41:51 | URL | #-[ 編集]
全くAVEXが絡むとろくなことが無いですね!どうやって小銭を稼ぐかしか頭に無い会社ですからね。視聴者の需要を考えてそれに対して供給するならまだしも。
AVEX責任者は子飼いの声優をメジャー化してそれからのCD販売でも目論んでよだれを垂らしていることだろうね!
全くもってAVEXはカスだな!!
2005/12/17(土) 16:59:09 | URL | #-[ 編集]
新声優?
車田先生は神様のような存在だったのに・・・しかし声優が変更されたままで発売日が決まってしまいました。非常に遺憾で残念です。私は聖闘士星矢を愛していますが、冥界編DVDを買う気になれません。そしてAVEX、車田先生にはもう何も期待していません。よって不買運動に参加します。
2005/12/23(金) 22:28:59 | URL | シャアLOVE #DhbrllUw[ 編集]
現実と向き合ってこその星矢ですよ!
冥界OP等某所で見させて頂きましたが、今の星矢では現実から逃げるだけ逃げる事を主体とした作品で、到底聖闘士星矢と呼べる物ではありませんでした。

なるほど、「車田正美が個人レベルで見たい星矢」の意向に添っています。ですが、それではあまりにも「星矢」の名前のみ借りた別物です。現実と向き合ってこそ、星矢のアニメではないでしょうか?
キャス変が対象になっていましたが、それ以外でも「他人がお金を払える作品ではない」と思います。
2006/01/08(日) 11:13:29 | URL | #MGN9zDY.[ 編集]
なんのメリットがあるの?
ファンを敵に回してなんのメリットがある声優変更なの?

レビューの評価も最悪なのばかり。こんなのじゃあ聖闘士星矢知らない人が見たら興味もなくなるよ?

なぜ車田氏を含めごく小数のために声優変更をするの?

多くのファンをなぜターゲットにしないの?

この声優変更でいままでの聖闘士星矢を見る気がしなくなった。

聖闘士星矢にならお金はいくらかけてもいいと思っていたが、今回の件で裏切られた気持ちだ。

オリジナルの冥界編を出してくれ

そしたら買う。

製作会社まじ頼みますよ。
2006/01/08(日) 13:47:39 | URL | たむ #nlBqyCS.[ 編集]
車田原作そのものは否定しません
原作否定はしません。一通り読んで尊重もした矢先に原作サイド自らがアニメの星矢を否定した事に対して大変な遺憾と憤りを覚えます。

「アニメはアニメ」「原作は原作」であり、「星矢とリンかけも全くの別作品」ではなかったでしょうか。ありとあらゆる物の区別が付かない状態でアニメの指揮を取られた冥界編はそのまま「ありとあらゆる物の区別が付かない」映像物に至っているのではと伺えます。

最低限の物の区別が出来、尚且つ客観的にキャラやセリフを処理出来るのがプロの方々です。それらを根こそぎ否定し、「どいつもこいつも消えろ」では、あまりに酷い。

あくまで理性的、且つ「相手の人生に関わる形で他人の作品を販売する」意志を重んじた形であればならない所を、そこまでの事を行ってしまった原作者に対処法は無いのでしょうか。

不買運動の動き、PPV不評が
多少でも影響しているのか、DVD第1巻予
約をまともに行っている実店舗は見かけま
せん。
「詐欺販売」か、「予約は行わない」かの
どちらかの対応のようですが仮にある程度
詐欺販売で売れた所で「もうアニメは二度
と見ない」犠牲者を出してしまうだけです。
2006/01/08(日) 22:37:55 | URL | #dWnOXZAI[ 編集]
不買について
金の力で若返りたい! 
ファンが欲しい!
ファミリーから離れたくない!!

漫画家として「全世界の車田ロマン」
の地位を築きながら
気が狂ったように欲しい欲しいとは
貴方何様か?

今度はアニメ界をも乗っ取るおつもりか?
ほとんど動かない止め絵ばかりで?
それでアニメDVDで売るつもりだと?

御自分の漫画領域以上を
求めてしまうのは
自己破壊の第一歩だと気付けないのか?

車田氏のご意向がこれでは幾ら何でも興
冷め。オリキャスを勝手に降ろし、
車田ファミリーの作品に投資を行った
経験がない者にまで、ファミリーとも付き合
えと脅してかかるのは何とも大人気ない。

テレビ時代に思い切り楽しんだ星矢がまさ
かこんな形で深い傷になるとは思わなか
った。思い上がるなら不買する。
2006/01/09(月) 01:05:53 | URL | #CKnLFxoo[ 編集]
例の悪評高い告知文に「ファンならいつかわかってくれる」などと書かれていたことを思い出しました。それまで応援してくれた人への感謝の言葉も無く、声優変更活動のすべてを『迷惑』の一言で片付けていましたね。

自ら読者を振るいにかけ、「わかってくれないファン」はいらなくて、「わかってくれるファン」だけを残す。あちらからしてみれば、たとえばアマゾンの評価で「新声優でもいいかも…」という意見を言っている方は「わかってくれるファン」、「愚行だ。元に戻せ」という意見を言っている方は「わかってくれないファン」であるのでしょう。

わかってくれる…解る、理解できるはずがないでしょう。原作者のわがままと、「面倒だから他のキャストも変えてしまおう」などと言った製作側が推し進めた事案なのですから。ファンの、消費者の反発をなんとも思わないのでしょうか。

例の告知文は消されてしまいましたが、悪しきイメージと共に心無いコメントの数々はいつまでも私の心に残っております。車田氏本人から弁明がなかったところを見ると、あれが事実であり本心であり、全てなのでしょう。がっかりしました。

不買します。
2006/01/09(月) 11:24:33 | URL | #oh4NkpYI[ 編集]
制作側は客にケンカ売って何したいんだろう…

今や「アニメは子供の見る物」ではなく、明らかに(購買力のある)大人を対象とした商品。

今回の変更の一因に、ハーデス十二宮を購買した層に

「経済的余裕のある女性が多かった」

事も関係ありそうな気がする。
当時、問屋が「この商品は女性が多く購入しているんですよ」と言っていた。
アニメに関しては、購入層は男性が圧倒的に多いから問屋も少し驚いてたようだった。

しかし、それば別に現在の若手人気声優が出てるから売れたのではなく、
作品への思い入れとか、素晴らしさとか、そういった部分で売れた訳で。

「じゃあ今勢いのある声優を使えば更に売れるのでは?」

制作側のそんな思惑がぷんぷん匂う。
しかもこんな強引なやり方で前作をしのぐ程売れるとは思えない。

かくいう私も女性ですが、放映当時はリアル小学生だったんで(笑)前作は懐かしさと今のCGで見たいから購入しました。
でも冥界編のPPVを見た限りでは、これはそんなに見たいとは思わない。
だから買いません。借りません。

十二宮を買った時は冥界編が楽しみだったのに…

Zガンダムもそうだけど、どうしても声優変更をしたかったんなら、せめてドラえもんくらい堂々と公正にやりゃよかったのに。
2006/01/09(月) 17:23:19 | URL | 一つ言わせて #-[ 編集]
先の不買コメントを読んで
他の方のコメントを読んで、になりますが
「分かる」「分からない」以前に古谷氏程の
優しさと強さと演技への一途な誇りをお持
ちの方を降ろしてしまったことや、
古谷氏が喋るはずだった星矢のセリフを強
奪してしまったことで「アニメ」という物の存
在に決定的な亀裂が入りました。

女性ファンの多くも表面的なキャラ萌えより
も青銅聖闘士キャストの強さと優しさ、そ
の他諸々に対して「買いたい作品」の判断
が出来たと思われます。

かけがえのない一生の宝物となったはずを
踏みにじった原作者一人が他者の功績を
自分の物と称え、満悦に浸った物を第三者
に商品として売りつける事。それこそが愚
行であり、アニメで最も行ってはいけない事
でもあります。

どうしてこんな事が出来るのでしょう?

今となっては高額と散々言われたテレビ版BOXもそれ程高い物だと思わなくなりました。
24話もきっちり楽しめて3万円弱、
なのですから。

PPVも拝見しました。
あれで2話8000円なぞ高すぎます。
到底他放送中アニメの質と並べて売れるよ
うな物ではないです。
2006/01/09(月) 21:33:28 | URL | #cjN9Zk/I[ 編集]
ネットショッピングでも……
管理人様、お疲れさまです。

先月の半ば辺りに、DVDを扱っているネットショップを徘徊していて、三カ所、声優変更の旨を記していないところがあり、メールを送ってみました。僕は買いませんが、声優変更の旨を知らない方もまだ多くいるようなので、各店舗にメールを送って、

「声優陣の変更の旨の記述をお願いします」

的なものを「一消費者」としてお願いしました。
すぐに対応してくださった店舗もありましたが、

「今後の参考とさせていただきます」

との連絡も頂きました。
なるほど、後日、僕が送ったメールで「声優変更の旨」の記載を早速してくださった店舗もありましたが、そうではない店舗もありました。

詐欺ですね。
僕は買わないからいいとしても、知らずに買ってしまう方には迷惑千万かと。気にしない方ならそれでもいいかも知れませんが、気にする方にとっては重大事。星矢のDVDって高いですからね。

これからもネットショップや、アニメ商品を取り扱っている小売店等々で「主役級の6人の声が総入れ替えになっていますよ」と声をかけ続けたいと思います。

長文失礼しました。
2006/01/10(火) 05:32:57 | URL | 今は匿名で #fIOMYM0M[ 編集]
店頭の状況に付いて
今は匿名様へのレスになりますが。

基本的にトラブルが起こる可能性がある分に関して、実店舗がある一般店頭でも理解がある所は最初からネット公開予約も辞退の対応をされているようです。

また、公開予約票を一切出さないで、予約は取るにしても自己責任の元で、の方向の店頭もあります。販促看板は「公開予約は取らない」一般店では基本的に設置されていません。

例外的に、人の集まりがかなり少ない、近々移転予定のある同チェーン店にたらい回しの挙句押し付けられた、といった感じです。しかしそこでも予約票そのものの対応は非常にしっかりされてました。

ただ、問題はこういった時に一番泣くのがアニメ専門店ではないか、という事。
アニメ作品だからアニメの絵をしている物。
或は押し付けられるBLCDでも何でも販売しなければならないように。

ここに来て、明らかに「出される物全て売らねばならず断れない」状態にまで悪化しているのではないか、と伺えます。
BLCDばかりが毎月毎月あまりにも大量に出回った事に自分もドン引きしましたし。

そういった意味では、「まともな善悪の判別が付かず、店に並べる物をそういう状態にしてしまった責任は、最後は店が取れ」とも呆れるばかりですが。
2006/01/10(火) 11:56:07 | URL | 匿名さん #y6hpw06.[ 編集]
少し以前にわたしもネットでみつけたいくつかの店舗にて、声優変更情報も、詳細情報も全くといっていいほど記載されていないところがありましたので、上の上の匿名さんと同じく「声優さんが変わったことくらいは商品説明せねばならないのでは?」とメールをしましたところ「それで初めて知った」という店舗も少なくありませんでした。
店舗にとっても、もちろん消費者にとっても損にしかなりませんから、われわれの目の届く範囲でも教えてあげるのが、声優変更反対活動をしているわたしたちにできることなのかもしれません。
2006/01/10(火) 12:23:50 | URL | #oh4NkpYI[ 編集]
店頭側に対して活動されている方、お疲れ様です。私は状況報告ぐらいしか出来ませんが何かありましたら情報提供します。(不買宣言がメインの場をお借りしてしまって申し訳ないですが、コメントも可だとありましたので)

今回の件でキャス変だけが問題だとも言ってられなくなりました。寧ろキャス変よりも今回の物を高額で販売する商品化そのものについて失望しました。正当な続編を望んだ者に対して、「これしかないからこれを買え」では客側はどういう反応をするか。

寧ろ新キャスのファンが間違って掴まされてしまってもあの画質ではあまりにも可哀想。

製作サイドはそこまで考えておられない。とにかく「売ればいい」という事でしょうが、少なくとも自分は新キャスのファンでなくてよかったとすら思う。
最悪の場合、新キャスファンにも喧嘩を売れるだけの物なのかもしれません。

それ程、「アニメって何だっただろう」と考えさせられるきっかけにもなりました。
高額商品となるとそれなりの情報収集が必要です。前作のように、誰もが安心して購入&鑑賞出来る商品に改善されればと願うばかりです。

2006/01/10(火) 14:07:40 | URL | 匿名さん #/aky1MRQ[ 編集]
皆さん、レスありがとう
管理人様を筆頭に、皆さん、レスをありがとうございます。これからも小売店での予約状況+声優変更の記述の有無を追いかけていこうと思います。

ただ、不買活動と結びつけるにはあれなんですが(苦笑)、でも声優変更を知らずに買ってしまい、あとから「なに、これ!?」という状態を作らない為にも、また、小売店側の損失を少なくさせる為に、目を光らせていこうと思います。

本当に皆さん、レスをありがとうございました。
2006/01/11(水) 18:14:10 | URL | 今は匿名で #fIOMYM0M[ 編集]
不買届け出しました
「キャストを変えるならば買いません」と昨年企業様に意見提示しましたがこの度正式に不買表明をメーカー様に出しました。こちらのサイト様にもお世話になりました。拙い挨拶となりますが今後も運営頑張って下さいませ。
2006/01/12(木) 23:19:54 | URL | #3GFicEQM[ 編集]
新キャストファンだって泣いています
『スケバンあらし』からの車田ファンであり、『聖矢』の最愛キャラは一輝であり、ウォーズマン以来の堀秀行ファンであり、ボルフォッグ以来の小西克幸ファンである・・・という立場から、発言させていただきます。

『冥界編』とても購入できません。それどころか、小西一輝の登場シーンを想像しただけで、胃がキリキリ痛みます。

これがかつてのTVシリーズのフィナーレにあたる『ハーデス編』がオリジナルキャストできちんと完結された後に、新たに製作される新世代『聖矢』の一輝役に小西さんが起用されたというなら、諸手を上げて歓迎し、心から応援できたでしょうに。

新キャストが気に入る・気に入らないの問題ではないのです。

この交代劇の裏に露骨に透けて見える、
『聖矢』は昔やおい人気でブームになったし、ギャラの高いジジイ声優を放り出して、今時のBL市場向けに萌え系アイドル声優を起用したら、キャラソンCDや薄くて高いファンブックを何冊も出してボロ儲けだぜ!

・・・という浅ましい商魂に、吐き気をもよおすからです。
新キャストのお披露目が、男性向け漫画誌ではなく、ラジオ番組の「集英学園乙女研究部」では、言い訳はたちませんよね。

自分がデビュー以来応援してきた声優さんが、そんな商売に巻き込まれている。しかも自分にとって思い入れのあるキャラクターの役で。
同じ聖矢ファン・一輝ファンから、小西さんがマイナスイメージを持たれてしまうのも辛い。悲しい。

数年前、『ゴッドマーズ』の20周年記念イベントがあったのですが、当時あれほど女性人気が高かったにも関わらず、20年たって駆けつけてくれたのは、殆どがロボットアニメファンの男性だったそうです。

藤川桂介氏が客席に向かって「お前ら今までどこに隠れてたんだ!」と呼びかけて、場内爆笑になったとか。

表面的な美形キャラ・やおい人気の印象は強くとも、実質本当に作品を支えていたのは、本来のターゲットであるロボットアニメファンだった(でなければ、おもちゃの売り上げ良好で放映延長になどならない)。

『聖矢』だって同じです。やおいのネタとして愛好していたファンは、次々と別の作品に興味を移していき、結局残ったのは男女を問わず、「熱血少年漫画」としての作品の本質を受け止めていた者たちです。

コアなファンが支える土台があって、その上に浮動票としての「作品の本質を外れた見方をして楽しむバブル層」がいる。メジャー作品はそのように盛り上がるものなのに、『冥界編』で稼ごうと試みている人たちは、バブル層だけを見て皮算用している。
10年後、20年後どころか、目先の小銭の事しか考えていない。

大好きなタイトルの土台を腐らせようとする試みになど、金はだせません。このような行為がまかり通ってしまっては、第二第三の悲劇がうまれることにもなりかねません。

日本のアニメ界の行く末を憂うものとして、『聖矢』関連のみならず、車田正美関連の消費行動は一切とりません。
2006/01/15(日) 00:06:09 | URL | vicisono #y.kSEXFg[ 編集]
私なりの不買宣言と嘆願をさせて下さい
以下に書き込む私の発言は、最初、
こちらのリンク先に入っている別のサイトで書き込んだのですが、
近々サイトを削除されるそうなので、
そのサイトで書き込んだものを再度纏め直し、
こちらに書き込ませて頂こうと思いました。

長文になってしまって申し訳ないのですが、
宜しかったらお読み頂けると幸いです。


◆『聖闘士星矢』の制作に携わっている方々へ

今回の声優変更には今も納得することが出来ないで居ます。
新しいキャストの方達の声と演技をラジオドラマ等で聞きました。
その上で今も思うことです。
やはり古谷さん達に戻して頂きたいと強く思います。
各新キャストの方達への細かい評価は控えますが、
総合力で古谷さん達が上回ってると実感しました。
古谷さん達を上回るものを
新キャストの方達からは殆んど感じられないのです。
原作者の方が仰る「老い」よりも、
前任者の立場にいる古谷さん達の演技力と表現力の熱さや
感情の機微の伝わる確かさは捨て難く、
それらは古谷さん達からはしっかりと伝わってくるのです。
心が揺さ振られるのです。
古谷さん鈴置さん橋本さん堀川さん堀さん潘さんの6名を
是非とも戻して頂きたいのです。
この6名の方達の、
熱い表現力や魂の籠もった演技での『聖闘士星矢』でない今、
商品を購入する意欲がまったく無くなってしまいました。
そんな気持ちになれなくなってしまったんです。
『聖闘士星矢』の大切な魂が欠けてしまったように感じているんです。

今まで殆んどの商品を必ず予約をして購入して来ました。
ワクワクする気持ちと共に手に取る日を待ち焦がれていました。
それなのに、今回の声優変更がされてからは
まったく気持ちが動きません。
待望のラストエピソードとなる冥界編のアニメ化だと言うのに、
こんなに気持ちが動かないなんて有り得ないんです。
今までの劇場版作品も実際に足を運び、
パンフレットやグッズを買うのも毎回楽しみでした。
それらの思い出は今も大事な宝物です。
これからもそうなって行くのだろうと思っていましたし、
疑うことすらしませんでした。
今のままでは商品を購入することは出来ません。
気持ちが動かなくなってしまったからです。

どうかもう一度『聖闘士星矢』の商品を購入させて下さい。
6名の方達を戻して下さい。
でないと気持ちがまったく動かないことを今痛切に実感しています。
前任者の方達の鮮烈なまでに脳裏に焼き付き記憶に残る表現力と
確かな演技をもう一度聞きたいのです。
長年想い入れて生きて来たのです。
古谷さん達6名の方による『聖闘士星矢』を購入したいのです。

どうしても新しいキャストの方達で将来も制作して行くのであれば、
マンガで描かれていないエピソードからにして頂きたいと、
今はそう思っています。
多くのファンが待ち望んだ原作の最終エピソードの冥界編だけは
今までの6名の方達で完結して頂きたいのです。
そのことを長年願って来た多くのファンの期待に
応えては頂けないでしょうか。

あのラストを古谷さん達で演じて頂けるのだと、
前回の復活から信じて疑わなかった方も居るでしょう。
私もその一人です。
多くのファンの方が待ち望んで来たであろう最後を、
今までの6名の方達で迎えさせて下さい。
最後まで辿り着いたのだと、やっとここまで辿り着けたのだと、
もうこれで悔いは無いと思わせて下さい。
どうかどうか、
古谷さん鈴置さん橋本さん堀川さん堀さん潘さんに
もう一度戻して下さい。切に切に願います。

『聖闘士星矢』での古谷さん達の最後の仕事として、
全力投球の全身全霊を掛けた最高の作品を見届けさせて下さい。
最後まで辿り着いた古谷さん達6名の『聖闘士星矢』を
最高の思い出にして、
今後続くであろう新生『聖闘士星矢』とは何等交わること無く、
一切の悔いと未練を残さずに生きて行きたいなと思っています。
私にとっては古谷さん達の熱き魂の演技があってこその
『聖闘士星矢』なのだと実感しているのです。


原作者の方の意見を、告知として発表されたものを読みました。
これは私個人の考えとして述べさせて頂きますが、
原作者である某氏さえアニメへの係わりに
こんなにも積極的にならないで頂いていれば事態は違ったのではと
今も残念でなりません。
せめてこの冥界編だけは今までのキャストで
 #前回のレベルを最低限保つ為にも
 #出来ればスタッフの方達も戻って頂きたいです
完結させることに尽力して下さる説得出来る方が居て下さったならと
本当に悔やまれます。
あの、今はもう亡くなられてしまった旗野プロデューサーがご存命で
尚且つ現役で居て下さったなら違ったのではないかと、
この方のかつての発言を思い返すと
そう思えて成りません。

  時代劇やシェイクスピアを作れる人でなければ
  『星矢』を作ることはできない

まさしくその通りだと何度思い返してもそう思います。
これは演者である声優と、制作に携わる方々
両方に当て嵌まる言葉だと思いますし、
それが分かっていないと志として持っていないと
駄作を世に送り出してしまうのではないかと、
そう、私には思えます。
今は辛い現実の真っ只中ですが、
私はまだ諦めていません。諦められません。
必ずこの願いが通じ叶うことを今も願っているのです。

聞く所によると、問題とされた一部の方の声は、
最近の『聖闘士星矢』のゲームでは
かつての声を髣髴とさせるものがあったと聞きました。
かつての声と勘をほぼ完全に取り戻してらっしゃる今ならば
前回までに不満を感じた方にも、ある程度納得の行く声を
聴かせて下さるのではないかと思えるのです。

制作に携わっている方々、どうかこの願いを聞き届けて下さい。
願いが叶う事を信じ、日々祈っています。
どうか宜しくお願いします。



そして最後に。

今回の私と同じ気持ちでいらっしゃる方も居れば、
若干違う方もいらっしゃるでしょう。
そして正反対の意見の方もいらっしゃる事は重々承知しています。
けれど、メールや電話などで願いを伝えるだけでなく、
今の私に出来得ることをしたく、
どうしてもより多くの関係者の方々にこの想いを知って欲しく思い、
こちらの掲示板にも書き込ませて頂きました。
関係者の方々が目を通して下さることを信じ、
思いを述べさせて頂きましたが、
今回のこの書き込みをお許し頂けると幸いに思います。
2006/01/24(火) 08:18:51 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
星矢は昔からアニメ以外に興味はありませんでした。ですがその大好きなアニメの原作を作られた方という事で原作者には一目おいていましたし、コミックも全巻そろえていました。
実は声優が交代になると知ったのは最近です。
はっきりいって今の原作者は過去の栄光のみに縋って、アニメがなければとっくに忘れ去られている漫画家だと思います。その世話になっているアニメの、固定したファンが沢山いる声優を切り捨てたのは信じられません。
彼にしてみれば「自分」がいるからこそアニメスタッフは生活が出来ると思っているのでしょう。ですが現実は逆です。
「マサミスト」と言われる原作者のファンには失礼ですが、彼の新しい作品は今の少年達にはマンネリで古臭く受け入れられていません。少しはアニメのスタッフや声優の力を知っていて欲しかったです。
私は声優に特に思い入れはありませんが今回の原作者の無礼な行動に一言書かずに入れませんでした。
長文乱文にて失礼を致しました
2006/01/26(木) 06:14:05 | URL | りん #-[ 編集]
今変えなくても
前聖戦の話を描く、新たなキャラクター
(どこか星矢たちを思わせる)で
別の声優を採用する、などの理由で
変更するならばともかく12宮編まで
オリジナルキャストでやっておいて今
変更するのはさすがに疑問に思います。

当時のアニメの続きをうん十年越しで
製作する以上、その間待ち続けた
ファンを裏切らない配慮が必要なのでは?
声優さんも健在なのですから。

紫龍の声も別に変じゃなかったと思う。
なぜミロの声優をかえたのか疑問です。
2006/01/29(日) 01:17:18 | URL | ももも #wLi8TjzE[ 編集]
某月某日、不買表明、叩きつけ!
タイトルが不穏ですが、普通に企業宛ての『不買宣言メール』を送っただけです(苦笑)。

ただ、メールを送るに至って、僕は二つの事に注意しました。
一つ目は、感情的になって唯々書くのではなく、2~3日かけて書く事。一番始めに書くのはやはり感情的になってしまうので、それを保留にして、また次の日に読み返し、いらないところや必要なところを削ったり足したり、色々と。
理を通せば読んで貰えるかも知れない、とそんな一心で自分の気持ちをメールにしたため送りました。でもそのメールが本当に読んで貰えるのかと、心配ではありますが。
結構メールや手紙などが企業側に送られていると思うので、僕が送ったメールも、光速でゴミ箱行きになっているかも知れません。

そこで二つ目。まず、開かれもしないでゴミ箱行きにならないよう、件名も工夫しました。いきなり【不買宣言です】なんて書いたら、やはり光速でゴミ箱へGO!の可能性もありますからね(^^;。

関係各社に不買宣言メールや手紙・FAXを出している方も多くいらっしゃる事とは思いますが、まだメールを送っていない方がいらっしゃいましたら、まず件名を当たり障りのない、そして企業側にとって、非常に気になる件名を選ぶ事をお勧めします。

それにしてもいやはや、本当に『不買宣言テンプレート』様々です。お世話になりました。
まだ送っていない企業やメディアもあるので、これからもテンプレをお借りする事になりそうです。

目指すはオリジナルキャスト復活! 自分にできる範囲でBESTを尽くして参りましょう。

毎度の事ながら、長文、失礼しました。
2006/02/04(土) 02:51:34 | URL | 今は匿名で #fIOMYM0M[ 編集]
メールの方法もありますが
匿名さんへのレスも兼ねて。
不買宣言は私はメールよりも自筆で行っています。自筆では少々の生の声の抗議も書けますし、書いた後「返事」そのものの形でなくとも何か必要な情報が得られる場合もあります。

そして必要な情報がこれまで何が何かわからず不透明だった部分への「必要な情報」にも繋がる場合が起こる→自分の行動の判断材料になるという事。そういった意味合いでメールよりも自筆をおススメします。
2006/02/04(土) 11:59:40 | URL | #94oF06qs[ 編集]
勿論、肉筆が一番
なんか、書き込みがぶっ飛んでしまったようなので、再度書き込みいたします。

#94oF06qsさんの言う通り、肉筆が一番効果的だと思います。

ただ、僕がメールに関してこだわったのは、メールだとどうしても感情的な文章になってしまうし、件名にも注意しなければ、容易に闇の中へ葬られる可能性が大きいかと思ったからです。

ですから、決して肉筆を否定したものではありません。
誤解を招くような発言をしてしまい、申し訳ありませんでした。
2006/02/04(土) 17:21:34 | URL | 今は匿名で #fIOMYM0M[ 編集]
こちらこそすみません
#94oF06qsです。こちらこそ御丁寧にすみませんでした。
容易に闇に葬られる。そうですね。
ライブドア問題でも苦情メールの多くが処分されているとのことなので少々面倒でも手紙で意見届けを出しています。

読まずに処分される可能性もありますが、決してそれだけではないと思います。手紙自体が今後個人が取るべき行動を指し示す重要な材料になる事も有り得ます。
2006/02/05(日) 12:58:39 | URL | #HWCwKDJc[ 編集]
不買です
#fIOMYM0Mさんの注意点一つ目を某山口GMに読んでもらいたいです。
あの告知文がなくてもオリキャスでなければ買いませんが、ここまで原作者及び製作側に腹を立てることがなかったし署名等に参加することもなかったと思います。
あの文章がなければ原作者と他の車田作品に微妙な感情を抱かずにすんだのに。
とても残念です。
2006/02/06(月) 22:31:25 | URL | as #Z5GHyyj6[ 編集]
3何度目の書き込みになります。
「たのみこむ」をみていると、CMでこの件を初めて知ったという方がまだいらしたんですね。みんながみんなネットやっているわけではないですから、当然といえば当然ですが、いかに今回の変更方法とその告知方法がコソコソと男らしく無いかがよくわかります。堂々としていない。あまりにも作品に見合わない。
きっと、DVDを店頭で予約して、家でじっくり鑑賞するのを楽しみにしているファンもたくさんおられそうです。そこで初めて声を聴いて唖然…と。
CMで気づけばまだいいですが、買ってしまってからだと気の毒で仕方ありません。

いよいよ今月発売ですね。果たして…
2006/02/07(火) 08:00:39 | URL | #oh4NkpYI[ 編集]
返信
本日、2月8日、エイベックス様から返信メールが届きました。

これまで手紙やFAX、メール等で抗議された方、不買宣言を為された方、企業側から何某かの返信はあったでしょうか?
2006/02/08(水) 23:37:52 | URL | 今は匿名で #fIOMYM0M[ 編集]
一般店頭では1月一杯頃までは配慮もされていた様子なので買った事後の被害は最小限に抑えられていると思われます。

ただ、アニメ自体が非現実の架空の物である事からこれまで消費者は販売メーカー側や製作側に守られていたのでしょう。
架空の物だというプロ意識が薄い物が出てしまう今は自分で身を守る時代でもあるかもしれないです。
2006/02/10(金) 09:59:42 | URL | #JalddpaA[ 編集]
#JalddpaA様>そうだったのですね。
わたしが立ち寄ったアニメ専門店では、小さな画像と、予約カードのみが3巻分並べられていたので、店舗は配慮などは全くしていないとばかり思っておりました。

#fIOMYM0M様>返信があったのはバンダイビジュアルのみでした。わたしもエイベックスへメールをしたのですが、返事はなかったですね…。てっきり、クレーム類は見なかったことにする会社なのだとばかり思っていました。○映のように。
2006/02/10(金) 17:20:10 | URL | #oh4NkpYI[ 編集]
亀ですいません。
星矢の声優変更の最初のニュースをたまたま「王様のブランチ」で見てしまった私は、その頃はアクセクあちらこちらのサイトを回り、書名でも何でもしてまいりました。
しかし現実問題として、自分の力はあまりにちっぽけであり、それをやってオリジナルキャストに戻るのなら、そんないいことはないと思っておりました。
私は現在1児の母。そうそうS星矢のために日々の時間を費やすことはなかなか難しく、不買も何も、これから起こるS星矢のすべての動きに貝になることにしたのです。

しかし最近になり、積極的にブログに手をだすようになると、あれよあれよと情報が手元に入ってきてしまい、やっぱり貝でいるのはムリになって参りました(`´メ)

車田氏のコメントをお持ちの方、いらっしゃいましたら、ぜひ読ませてください。どんなことが書いてあったかは、沢山の方のコメントを読ませていただいて、目星がついているのですが、やはりきちんと読みたいので。

聖闘士星矢命!!で今日まで生きてまいりました(☆。☆)私の愛するS星矢は、誰がなんと言おうと、昔のままの星矢なのです。
2006/02/21(火) 03:54:23 | URL | Pi #-[ 編集]
氏のコメントは某所に
Pi さんへ

こちらへは二度目の書き込みとなります、りつ と申します。

氏のコメントは保存しているので手元にあるのですが、
全文貼り付けは出来ないので、
某巨大掲示板に全文貼り付けを為さった方がいらっしゃり
そちらで現在も読むことが出来ますので、
下の【URL】の部分をクリックし、お読みになってみて下さい。
そちらの掲示板の性質を考え、
貼り付け文だけを読めるURLにしておきました。
スレッドタイトルが目に入ると
ご立腹になってしまうかも知れませんが、
実質真逆の内容のスレッドなので、
もし他の書き込みをご覧になっても精神衛生上の大問題が起きることは
無いと思われますのでご安心を(^^;。
2006/02/21(火) 09:46:18 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
りつさん、ありがとうございます。そして管理人さまへ。
りつさん、どうもありがとうございました。私もしっかり手元に残そうと思います。

聖闘士星矢はもはや原作者である車田氏1人のものではないですよね。自身に権利があることは事実ですが、それが今日まで語り継がれてきているのは、もはや車田氏の力ではなく、我々ファンだと思います。
「ハーデス12宮篇」や「天界篇」ににそんなに不満があったのならば、今回のことは初めからOVAの製作を許可しなきゃいいんですよね。その方がファンはよっぽど嬉しい・・・・。

今日ついに、DVDが発売になってしましたね。近場にあるやたらとアニメの品揃えがいいレンタルビデオ店に見に行ってみると、ありましたよ、「ハーデス12宮篇」の隣に、続編としておいてありました。悲しい。悲しすぎる・・・・。


管理人様へ。
私のブログにリンクを貼らせてもらいましたが、よろしかったでしょうか?
2006/02/22(水) 01:41:39 | URL | Pi #-[ 編集]
あの頃の氏は何処へ行ってしまったんでしょうね…
Pi さんへ

ご覧になられたようで良かったです。

氏にとって、大事にすべきファンの気持ちとは、
自分と意見を同じくする者しか有り得ないのでしょうかね。
私はあくまでも、アニメ『聖闘士星矢』と言う作品のファンであって、
氏の作品のファンでは無いですが、
アニメ『聖闘士星矢』の大切な根幹として
原作をリスペクトする気持ちは持っていました。

この騒動から月日が刻々と経っている訳ですが、
原作者と言う立場には、
こうも傲慢な【神】に成り得てしまう権利が与えられてしまうのかと、
憤懣やるかたない気持ちが今もあります。

 当時は原作者の立場でも
 今とは大違いに大人しくしていてくれた氏は
 一体何処へ行ってしまったんでしょうね…
 ああ…全てが懐かしい……

と、ゲンナリとし鬱々とした気持ちにもなりますし、
憤りが沸々と湧き上がり、それらがない交ぜにもなります。
そして、涙も未だ枯れません。

『後章』は某アニメが終わったあとに制作する予定なんでしょうが、
その時には嬉しい知らせを目にしたいものです。
透けて見える元凶の人達の本音なんて発表せずとも結構なので、
是非多くの人達が望む最良の終焉を迎えたいものですね。
2006/02/22(水) 08:22:06 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
りつさんへ
まったく同感です。

わたくしもアニメ「聖闘士星矢」から入ったくちです。それをきっかけに氏の作品のをいくつか読みましたし、それなりの好感をもっておりました。

>氏にとって、大事にすべきファンの気持ちとは、自分と意見を同じくする者しか有り得ないのでしょうかね。

本当にあの文章からはそう取れますよね。しかし人間なんて十人十色。考え方も人それぞれ。しかし今回のことは、これだけ沢山の人が、「反対」「不買」に賛同してくださっていることは、いかに氏の考えが傲慢で、自己中心的なものかというのが、よくわかりますよね。

変わってしまったのは、声優陣でもなく、往年の我々ファンでもありません。変わってしまったのは氏本人です。

私自身、自分の気持ちをしっかりもち、そして多くの人が望む作品が世に出るまで、おおげさな表現ではありますが、断固戦い続けます。

りつさん、管理人様、そして多くの賛同者のみなさん。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
2006/02/23(木) 00:53:15 | URL | Pi #-[ 編集]
DVD発売
1巻発売となりました。
CD類のように20本以上並ぶかと思いましたがDVDは数本しか並んでいませんでした。最小限の入荷に抑えていたようです。

しかし、企業も原作側も何もかもが空回り企画とはこの事では。

OVA媒体の続編なのに「売りまくれ」の声を荒げて暴走し、広告、宣伝、派手にやって発売を迎えた果てにDVD入荷数がたった数枚なのも何ともはやです。

バランスからアレレな事になっているようで
向かっている先がどこなのか。
まずそれが見えていないようです。

事の運びを見る限りでは
大迷走もいい所だとよく分かります。
2006/02/23(木) 01:41:22 | URL | #3GFicEQM[ 編集]
ご注意を
私の上の発言の、

> 氏のコメントは某所に

で紹介したURLのスレッドは、
DVD発売後の書き込みでもスレッドタイトルに沿った内容の
書き込みもあるようなので、これから氏の発言をご覧になる方は、
該当部分以外をお読みになる際はご注意下さい。
2006/02/26(日) 10:02:01 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
プレイボーイでの作者インタビュー
ゲーム雑誌にも新生星矢が宣伝しててうんざりしながら。週間プレイボーイでの原作者の発言にまたがっくりきてました。
あの人はもう、火に油を注ぐことしかいえないんでしょうか。
原作を連載してない状態でまだまだ続けるといってるのもアレなんですけど、キン肉まんみたいに連載を自分で書かれてからその言葉をいってくれませんか。と思いました。
なんだかあの頃見ていた星矢たちはどこへいったんでしょうか・・と言葉を返したくなりました。
2006/02/26(日) 19:09:55 | URL | 舞田 #2KduZU1c[ 編集]
店頭プロモを実際見て
大手電気店にて店頭プロモを見る機会がありました。店頭プロモになって、周囲の状況も見渡して始めて気が付いた事があります。

客はまぁまぁ関心はあると思われますが
「ジャケを見る→裏を見る→プロモを見る→声を聞いて退散」が5人程。たった5分前後でもこれでした。

私の私見ですが。
今回の冥界編DVDは客によっては

これまでオペラホールや芸術劇場で行うのにも近いオーケストラ音楽や演劇鑑賞を楽しんでいた客の前で

「ジャイアンのワンマンショーを見せてこれが今風だと言い張ってお金を取ろうとする行為」

に近いのではないか。私は2枚組CDが発売の機会に横山氏のアルバムも一通り購入して聞きました。

「例えばアテナのテーマを聞ける場を古臭いからと追い出ししてジャイアンコンサートを行っている」

そこへ「今風の」を入れると「ラブホテルでジャイアンリサイタルを行っている」こういった表現も。

少々表現が過激ですが
販促サイドと原作サイドがあまりにも「売らなければ気が済まない」と前作否定をしてまで言葉や表現の暴力を振るっているので・・・・大人げないやら呆れるやら。

私はジャイアンコンサートにお金を出せる人を否定はしませんが冷静さから極端にかけ離れた販売はどうなのか?と。

今の時点の私は自分なりに曖昧であり中立です。しかし商品の方が「曖昧なのは困る。とにかく金を出せ」事態にまでなっていると強く感じます。

新しい星矢車田アニメが嫌なら来るな、なら何故大御所の荒木姫野横山3方を自ら手放す勇気がないのか。三方を起用するならば三方のカラーを最大限に尊重するべきではないのか。

三方を脇に追いやってまでの車田原作絶対信者ばかりではありません。
冷静な目で様々な角度からDVDを楽しみたい客もいるのです。
2006/02/28(火) 00:11:11 | URL | 龍崎葵 #GCA3nAmE[ 編集]
買ってしまいました・・・・
声優変更を知らずに一巻を購入してしまいました。
買ってビックリ!声が違う!
チラシにはその件は大きく書かれてなかったので、ファンゆえの悲しさで、ほとんどチェックせずに喜んで予約までしまいました。
何しろ今更声優変更するなんて夢にも思いませんでしたから。
せめてドラえもん位大々的に扱ってくれてれば・・知名度が違いますね(^^;)

一通り観ましたが私にはどうもダメでした。
とても悲しくて二度は観ません。観たくありません。
新声優さん達が下手という訳ではありません。
個人的に言わせて頂ければ前作品のこだわりさえなければ星矢はまあまあ適役だと思います。でも問題になっていた瞬は…お上手ではなかったです(;;)何で変更する必要があったの?って感じです。

観てからネットで調べたら大体の経緯がわかりました。
というか、購入する前に調べておけば良かったと後悔しました(馬鹿ですねぇ)

一巻でもこの作者に協力する形になり本当に残念です。

二巻以降は勿論不買します。

本当に後悔しました!
2006/02/28(火) 09:03:32 | URL | はるこ #-[ 編集]
声優のアイドル化
2回目です。失礼します。

今回は購入拒否ですが来る客が次々購入せずに場を去る光景を見て「そういう事もあるだろう」と割り切れました。

櫻井紫龍と小西一輝までは許容があります。

ですが、他新作と比較して一般売りに出すには場に合わないジャケ絵とその棚の隣にはそのジャケ絵を使ったチラシの大群。

あまりにも分かりやすい「こうすれば売れない見本」の大バカを披露し、表現の引き出しから前回のコメントを見出しました。

ぼちぼち詐欺に合って「何でこんな酷い事をしたんだ」と苦情を募る客も現れていますね。

「若い人でなければ駄目だ」とオリジナルキャストを非難し、発売後になって詐欺販売に合う客を目の前にして、それでも

「その客を利用して後章を作らせる」
「自分さえ良ければ新生星矢がいい」

のでしょうか。

確かに近年は声優のアイドル化が起きています。声優を歌わせてイベントに立たせてそのDVDを販売する。
キャラソンぐらいならいいですが、近年はお金が取れるからとそのイベントの踏み台の為にアニメがある。

或いは新作アニメがDVD販売で高額を取る為の踏み台でしかない。そこまで本来の主旨を捨てた方向に到達していると思われます。

おかしいなと思いアニメからは軽く離れていた立場ですが

「アイドルになれないなら声優を名乗るな」
「詐欺ってもいい。声優を使って客の前で金を出せと脅しをかけさせてもいい」

の激化ではさすがに企業もやり過ぎだと感じます。

「あまりにも行き過ぎるとこうなってしまうんだな・・・」と遠い目です。

アニメを見て、出される物何でも受け入れて購入するアニメファンばかりではありません。
「おかしい」と思う時こそ「あぁ、これはちょっと離れた方がいいな」の判断し時。
買うばかりでなく別の角度から検討するべき時もあります。
2006/03/01(水) 18:55:43 | URL | 龍崎葵 #uaIRrcRw[ 編集]
 どう言えば製作側の人たちに伝わるのかわかりませんが…
 今回出された作品は自分が長い間好きだった星矢ではないので買いません。
 それだけです。
2006/03/01(水) 19:49:44 | URL | #3ueQoUpk[ 編集]
知らずに購入してしまった皆さんへ
はるこさん、及び知らずに購入してしまった皆さん、ジャケット内に封入アンケートはありましたか?
身銭を切ってしまった人の権利です。忘れずに正直な思いをつづって投函しましょう!
2006/03/04(土) 20:38:08 | URL | vicisono #y.kSEXFg[ 編集]
アンケートもありますが・・・
私は思った物と違う商品を買わされたら次は買わないをおススメします。vicisonoさんと意見は違いますがアンケートも一つの手だとは思います。事情を見る限り期待はしない方がいいと思いますが・・・
2006/03/04(土) 21:03:10 | URL | #GHYvW2h6[ 編集]
櫻井さんが可哀想
人気声優の私物化。出演声優によるキャラクターの私物化。並びにそれによる高齢者声優の排除。奢りが頂点に達した車田氏が行った改革は人権侵害でありキャラクター侵害です。

冥界編で邪魔者を一掃排除して夢を叶えた者もいるのでしょう。
若者=綺麗。扱いやすい。美の象徴。老人=汚い。醜い。異臭を放って一緒にいたくない存在。
大偏向をアニメ新作がさらに大賛同し大推進してしまっている。ゆえに星矢でも老人が主役は嫌になったのでしょう。

櫻井キャラ以外は出すな。
アニメは櫻井キャラだけいればいい。
と豪語する自分と相手と他人の区別が付かない一部の行き過ぎた櫻井ファンがいると聞きます。
戯言では済まず櫻井出せ櫻井出せの極端に偏ったリリースが目立っています。

価値観が極端にならないよう尽力をされていたのが星矢世代に生まれた数々のアニメ作品でした。
一度アニメが理性を失えばそれだけで一声優が一部のファン向きに可愛い可愛いと言われていじり倒されるおもちゃのような扱いを受けてしまう・・・・その一部始終までも見た気がしました。

もし櫻井さん自身が御不満ないなら言葉をかけてあげる事も出来ませんが。
櫻井さんの出演に見合うだけの高画質で新生星矢を応援したかった。冥界を見た多くの者の声が聞こえてきそうです。
2006/03/07(火) 10:34:24 | URL | #TjCvSSL6[ 編集]
私も買ってしまいました
メインのブロンズ声優が変更されている事は知っていましたが、見もしないで批判するのはやめておこうと思い、とりあえず購入し見てみましたが・・・・・・・・・・・・・・。

感情移入できません。

2巻の予約もしてましたが、即刻キャンセルしました。

このまま声優が古谷さん達に戻らないのであれば、僕の中で未完の名作のまま終わりを告げるでしょう・・・。

非常に不愉快な気持ちはありますが・・・。
2006/03/08(水) 21:41:47 | URL | taka #-[ 編集]
氏のコメントは今後はこちらで
例の氏のコメントが読めるスレッドは消費しきってしまい
見れなくなってしまったので、
今後は下の【URL】からご覧下さい。
676-688の書き込みが氏の告知文です。

その他の書き込みに目を通す時はご注意下さい。
2006/03/12(日) 08:31:37 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/13(月) 10:35:31 | | #[ 編集]
新生星矢とは
星矢たちの声は昔とそんなに変化したとは思えませんでした。むしろ春麗やその他レスラーの皆さんが目立って違和感ありまくりで序盤のそのあたりは早送りしてしまいました。もし異臭を放ってるとしたらそのあたりかもしれません。

古谷さんの星矢はそのまま「私が子供の頃に見た星矢」でした。

今の新声優さんに恨みはないんですが、
「よかった」と思えるほどでもないです。
櫻井さんを擁護されてる方もいますが、
もっと酷い仕事はこれまでいくらでもやってきてるかと思います。櫻井さんは他のお仕事もあるから星矢は出ても出なくても世間の評価は同じだと思います。むしろ仕事だから割り切ってしてるのではないかと。

ただ、この作品でデビューされた人が哀れですね。やるなら最初からやりなおしてすればいいのに、車田絵にして続編をする意味ってないですね。
2006/03/18(土) 19:05:46 | URL | #O3QePs4g[ 編集]
氏のコメントは消えてしまいました
上の書き込みで紹介したキャッシュのURLが消える度に
何度か検索し貼り付けたのですがそれも消えてしまったので、
【29ch】と言う所のURLを貼り付けたのですが、
即効でそちらのログも削除されてしまったようで
見れなくなってしまいました。申し訳ありません。
以降は某所で時々公開して下さる方に頼る他無いようです。
2006/03/24(金) 08:47:42 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
管理人
ここ2週間ほど管理ができておらず、申し訳ありませんでした。

3/13-14に管理人宛にご意見くださった方、ありがとうございました。
対応が後手に回ってしまい申し訳ありません。

不買商品の項、「今後の動き~」の一文を削除いたしました。
2006/03/25(土) 23:06:36 | URL | 管理人 #vFYLTPDc[ 編集]
アニメ産業の行く末
直営店のア二メイト様が以前古谷さんが出演された老舗ラジオ番組のスポンサーを降りたそうです。全盛期のテレビ版当時も同番組で同じスポンサーが担当されていました。
アニメグッズの知名度が高まり大人気だった当時と正反対の状況下です。

拡大を続け不況知らずのアニメ産業と言われていたのが数年前。
しかし、「無敵」ではない。需要と供給が一致し、限界値に届かない範囲で客と商品が流動するから上手くやっていける。
その状態で保っていたのでしょう。

一変して値段設定そのものが潰れる事があればどうなるか。
商品だけが増え続けて顧客側と一致しなくなればどうなるか。

冥界前章はアニメ産業が価格破壊を起こした状態を象徴する商品。

実際に商品になればこうなる。
価格破壊が起これば短期間で影響が出る産業でもある。
という一つの商品価値でしょうか。

「創作アニメーションではない目的で発売されてしまっている」
「顧客の手を通さない場で金銭関係がある」

前章3巻ジャケ絵の星矢と瞬にその姿が乗り移ってしまっている印象を強く受けました。

今後、この作品はどこへ行くのか。
ある事をきっかけに考えたのですが、原作サイドでも東映側でもなく、原作、アニメ双方のキャラクターの願いが届くべきかと思います。それすらも駄目になってしまうのであれば、今よりも酷い状態が訪れるのが目に見えています。
2006/03/26(日) 20:59:49 | URL | 龍崎葵 #GHYvW2h6[ 編集]
買う価値無いです
見出せないです
うきうきしながら天界編見に行った気持ちを
はじめてPPVのありがたみを知ったあの日を
返してください!!

不買も何も無いですよ
だって最初っから購入の対象にならないでしょう?
だってアレはもはや「聖闘士星矢」ではないですから
2006/04/03(月) 11:59:10 | URL | 槙 #-[ 編集]
上記補足ですが
私は櫻井氏も小西氏もそんなにきらいじゃないです
芸風が他のヒトと被ってる、とかは感じますが、演技にケチを付ける気はないです(森田氏はビミョーだと思いますが・・・)
ただ、紫龍でも一輝でもないと思うだけで

例え自分が最もリスペクトする声優が自分の最愛のキャラを演じようとも、二度と購入はおろか視聴するコトもないでしょう
声優の一新がハーデス編終了後だったなら、その後の視聴は無いでしょうし、
天界編まで早まっていたならば、恥を忍んで劇場に行くことも無かったでしょう

私が劇場版ZガンダムのⅠとⅢを見たのは飛田氏と池田氏と古谷氏が変更されていなかったからだと思うし、
Ⅱを見なかったのは島津氏がいなかったからなんだと思います

子供の頃からすごくすごく大切にしてきた宝物を、その与えてくれた当事者に取り上げられるというのは・・・
なんとも切ないものです
2006/04/03(月) 12:59:46 | URL | 槙 #-[ 編集]
考えた末に
今回、新作のスタンスなどをある程度見まして、考えました末に冥界前章だけでなく劇場版ドラゴンボール及び今後発売されるドラゴンボールZバラ売りを全面的に不買させて頂きます。

私は今回の劇場BOX販売を大変楽しみにしていました。待望の一品であり一働きして心待ちにしていました。

ですが、その一方で貴社の新作アニメに対する販売姿勢。並びにドラゴンボール関連の販売姿勢はどうか。発売直前になる程、何故かこちらも商品扱いの乱暴さが目立っているように思えてなりません。

二度の商品発売延期。まして今回はお詫び特典も何もなし。いきなり「延期しました」の告知を出す一方さには冥界前章の件と通じる物があります。
web販売とアニメ販売のコンポで荒稼ぎ。何もしなくても過去の遺産を世に送るだけで莫大に稼げる。

そればかりが剥き出しになり、オフライン時代に何よりも大切にされていた真心が見受けられないのです。私の思い過ごしであればそれまでですが。

また、後章についてですが、現体制のままでの販売であれば何事もなく終わるとは到底思えません。それに伴う様々なリスクを無視し、強行に向かうのであれば客立場からこれ以上深入りする事も出来ないでしょう。
ただ、私は現実と創作作品物と一般商品販売のそれぞれの線引きをほとんど行わないままで事が進んでいると強く感じる上で「最悪の事態」を想定しています。そのリスクが発生する可能性が実際あるかどうか。それを知りたかったのだと思います。

無論、私個人としては現体制のままで後章まで出されてしまうのであれば東映アニメーションの新作も支持致しません。(あくまで私個人の結論ですが、この度の発言お許し下さい)
2006/04/04(火) 18:01:54 | URL | 龍崎葵 #Xnq8k9Uo[ 編集]
オリジナルキャスにト戻して頂く為の今回限りの購入宣言
2006年 6月21日 『聖闘士星矢 ザ・ベスト』

と言うCDが発売されるようですが、
これには冥界編前章の歌が入っているので
本来なら絶対購入否な商品なのですが、所がこの商品、
アーティスト欄に【古谷徹】とあるとのことなのです…。
これはもしかしたら、

 オリジナルキャストが係われば売り上げが違うんだ

と証明するのに打って付けの商品になる可能性がある
と言うことなのではないかと、
かつてのクオリティとパワーの片鱗に触れることが出来るこのCDなら、
私達が証明して見せることの出来る唯一の商品となるのではないかと
思うのです。
よって私は決意しました。
オリジナルキャストの6名の方達に戻して頂けるように、
その可能性を少しでも高める為、
今回のこの商品を購入します。
しかし勿論、冥界編前章の歌だけは絶対聴きませんよ。
それ以外の歌は聴きます。
この商品が予定通り発売されるのであれば、
今回の商品購入を今の私に出来る意思表示としたいと思います。


そして、出来れば皆さんにお願いがあります。
私と同じ理由でこの商品を購入される方は、
ここで宣言をしてみませんか?。
今回のこのCDがそれによっても売り上げが良かったのかもと
少しでも制作・販売側の人達に思って頂けるように、
気持ちを伝える手段として宣言をして見たらどうかと思ったのです。
もしご賛同頂けるのでしたら、
一言宣言でも構いませんので書き込んで頂けたらと思います。

勝手な提案かも知れないのですが、
受け入れて頂けたら幸いですm(_ _)m。
2006/04/29(土) 02:07:17 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
うーん、古谷さんのを聞きたいならメモリアルBOXとかコンプリートソングコレクションとかまだ発売中なのでそっちを買うかなあ…どっちも持ってるけど。
殆ど持ってるので不買対象どうこう以前に要らないなあと思います(笑)
2006/04/29(土) 14:05:43 | URL | #iDX8.YKs[ 編集]
りつさんへ
気持ちは分かるしそう考えたいのもすごく分かる!
でも残念ながらりつさんの考えは甘いです。
単刀直入にいうと効果はないと思います。それどころか今の段階では(あくまでも今の段階)
過去作品のものを盛り込めば売れるという構図が
成り立ってしまうと思うのです。
それならば↑の人と同じくコンプリソングコレクションを
買った方がいいと思います。私もコンプリ持ってるので
買いませんが。
冥界編が現在進行形な間はへたに車田氏・星矢関連商品の
利益を上げるような事は避けた方が無難でしょう。

2006/04/29(土) 14:43:52 | URL | ナン #-[ 編集]
りつさんへ2
お気持ちも心意気もわかります。そして買うのも勿論個人の自由です。
でもやっぱりナンさんのおっしゃる通り、とても甘い考えだと思います。
それって企業・車田氏の思う壺ですよ。不買している人達に歩みよって、今の声優にも慣れさせてしまい、結局買わせようとしているのではと思ってしまいます。(斜めに見過ぎにもしますが、企業って結構そんなものです)
コンプリをオークションで購入する事をお薦めします。(とりあえず車田氏にお金は落としたくないです)
本来りつさんみたいな素直な考えの方って好きなのですよ。
2006/04/29(土) 21:45:59 | URL | りん #GaenHm5U[ 編集]
提案へご意見を下さった方々へ
ご意見ありがどうございます。
皆さんが仰るように私の考えが甘いことは重々承知しています。
私は今までの星矢CDは、
唯一つ原作者自選かなんかのCD BOX以外は
すべて購入していますので、
今更オークション等で購入する意味は私には無いのです。
持っていますから。
 買わないこと・不買を続けること
が最大の抗議の姿勢は今も変わっていません。
私だって原作者側に一円だって落としたくありませんよ。
しかし、今の私達が無視を決め込んでいるだけでは、
何も動かない・変わらない、では奇跡など起こせはしません。
私はまだ諦めていないのです。
打開をするには何をすればいいのか、その為の今回の提案です。
制作・販売側が「こうすれば買うだろう」と思っているその思惑に
乗ることは本来とても抵抗があるものです。

 > 過去作品のものを盛り込めば売れるという構図が
 > 成り立ってしまうと思うのです。

しかし、そこが今回の訴え所となりはしないか、そこから崩せないか、
と思っているのです。少しでも風穴を開けたいのです。

絶対不買の人が多いことは本来とても心強いことです。
私も冥界編前章になってからのドラマCD、主題歌のCD、DVDは
購入していません。中古でだって買う気は無いです。
その姿勢だけは貫いています。何より買う気がまったく起きませんし。

兎に角行動を起こし、それを宣言として声を上げ、思いを伝える、
そのことがとても重要なのではないかと思っています。
嘆いているだけではいけない、泣き暮らすだけでは何も変わらない、
自分の出来得ることで行動を起こさなければ変化が生まれやしないと
腹を括った私が居ます。
しかし、私一人の宣言では動かせないと思うのです。
何故この主要キャスト変更問題の影響が大きい中で、
『聖闘士星矢 ザ・ベスト』を買うのかを声に出して訴える、
それを私一人でなく、
大勢の方達が同じ想いで声をあげる事で
動く筈の無かった大きな山を揺るがすことが出来るかも知れない、
心ある制作・販売側の人の気持ちを動かし
行動を起こして頂ける根拠となることが出来るかも知れない、
そう思うのです。そうあって欲しいのです。
大好きで大切なアニメ『聖闘士星矢』の為に
私が出来ることをしたいのです……。
私の中に今もある『聖闘士星矢』と言う炎は
決して消えないのですから。

今私が思っていることは、『聖闘士星矢 ザ・ベスト』が発売したら、
東映の方に今回のこの考えを伝えたいと思っています。
ここで発言しているだけでは
知って頂きたい方に思いが伝わらないと思うからです。
そして、今後こちらで宣言をして下さる方がいれば、
そのことも伝えようと思っています。
兎に角何かをしなければ変わらない筈です。
何をしても変わらないかも知れない。
でも、何かをしなくては変わる筈も無いと思っています。

兎にも角にも、ご意見ありがとうございましたm(_ _)m。


そして、りんさんへ。
最後のお優しいお気遣いの言葉、嬉しかったですm(_ _)m。
2006/04/30(日) 01:00:34 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
思っていることの追加
今回はなんとか今の現状に風穴を開けたい気持ちから
私なりの考えによってCDを購入する決断をした訳ですが、
しかしこれがもし映像商品のDVDだったら
絶対に買いはしなかったでしょう。
過去作品映像との抱き合わせだって絶対に買いませんでしたよ。
冗談じゃありません。
そして、このCDがコロムビアからで無く、
エイベックスからだったら買うことは絶対に無かったでしょうね。
 #実際は音楽関連の発売元は今後も変わらないのでしょうけれど

私が冥界編と名の付くものが含まれた商品を購入するのは
今のままでは今回が最後となります。
現体制での冥界編では到底購入出来る代物では無いからです。

冥界編後章で元のキャストに戻り、
現状を考えると最低限のレベルの作品にする為に
前回のスタッフの方達に戻って頂いた上で、
せめてハーデス十二宮編レベルの作品作りをして頂ける日が
来ることを願っていますし、
冥界編後章が完全に見限る絶望の極みとならないことを
信じたい心境です。
2006/04/30(日) 17:27:34 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
心を1つにしたい
前回スタッフの方が戻ってくるには オリキャスが戻ってくるしか手はありません。
それがどの様に解決するか
それは車田氏が今回の新キャスの事を撤廃するしかありません。
今の天狗の車田に謝る なんて行為は出来るとは思えません。
新キャスの冥界編の惨敗 売り上げが見込めなく最初から制作費大削減。
制作側は原画・作曲・プロデューサー他全てやる気なし 制作に携わっておりません。(名前だけ)
車田の指揮によりただ制作すれば満足なようで 車田のみ楽しんでいる状況です。
こんな状況で今CDを出すのは ただ話題作りと冥界編のシングルや本の完結版 等星矢に関するもの全ての大不調です。
それも冥界編だけで勝負してよ オリキャスと今のキャストは別とファンは思っているのに オリキャスのとくっつけてうる。
オリキャスの力を借りてるんじゃん と言わんばかり行動。

以前 車田はオリキャスファンはいらない と言われたのですよ。それを皆は忘れたのですか?
新しいファンが欲しい 新しいファンに買って欲しい それでこの冥界編で新しい星矢のファンなんてつきましたか?
ここでベストのCD購入しても何の意味はございません。
印税が氏に入り儲かるだけです。
今回 星矢は漫画の連載は絶対しない と言ってた氏が星矢の連載を始める。
その理由は 冥界編のDVDを売りたいからしかありません。

皆さんはどう思っているのでしょうか? オリキャス6人の聖闘士星矢が好きなのですか?
それとも聖闘士星矢が好きなのですか?

残念ながら オリキャスの6人が好きだけど根本的に聖闘士星矢が好き だからDVD購入してしまった という人もいらっしゃいます。
オリキャスのファンはいらないと言われたのに購入する そんな奇特な人がいるんだな と思ったりいたしました。
2006/05/01(月) 14:13:33 | URL | あい #yIr79vas[ 編集]
あいさんへ
あいさんのご質問に関してですが、
私の気持ちや考えは以前の発言で述べていますので、
それから読み取って頂きたいです。

オリジナルキャスト6名を始めとした
アニメ『聖闘士星矢』に必要な熱い表現力の声優陣と、
作品世界を演出して下さるスタッフの方々の腕と、
それらが合わさった、
アニメ『聖闘士星矢』が大好きで大切に思って来ました。

私は私なりの考えと信念を持って、
オリジナルキャストの6名の方達に戻って頂き
スタッフの方達にも戻って来て頂く、
そのことを願い信じ行動しています。
その為に東映の方へ電話とメールで想いを伝えた事もあります。
今度もそうするつもりです。私に出来ることをしています。
しかし私には、
新キャストと新スタッフの映像作品は今後も購入出来ないでしょう。
その不買は徹底して行こうと思っています。
2006/05/01(月) 22:50:24 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
今回限り購入宣言の自分の考えの補足
前回までの書き込みでは
どこまで自分の考えを表明しておくべきなのかどうか
悩んでいたこともあり書き込まずに居たことがあったのですが、
今回のCD購入の決断に至った自分の考えを
もう少し補足しておこうと思います。

私が今回限りの購入を決めた『聖闘士星矢 ザ・ベスト』の
楽天のとあるショップでの予約在庫状況が
4月下旬の時点で入荷数を超えて
売り切れの状態であることが分かり、
ひょっとしたら冥界編突入後発売されたCDの中で
一番の売り上げを記録することとなる可能性があるのかも知れない、
でもそれは以前の作品への支持から購入される方達が
多いのかも知れない、
でもそれを無言で購入するだけでは分かって頂け無いだろう。
なら自分自身で購入し、こんな想いで購入した人間も居るのでは
ないかと理解して頂く為には自ら購入者となり、発言することで
説得力をもたらせられるのではないか、
今回の商品に対して意見を伝えた時に
 「想像だけでものを言っている」
と思われない為に、自ら購入しなければ駄目だ、と思ったのです。
しかしその意見を伝える時に、
実際に私一人で無いほうがより説得力を持つと思ったので、
賛同して下さる方が居れば心強いと考え、
提案をした次第です。

実際にこの『聖闘士星矢 ザ・ベスト』が
売り上げがいい結果となるかどうかは分かりませんし、
この機に乗じることに希望が見い出せるかどうかも分かりません。
しかし可能性がある限りは行動に打って出ようと思いました。
もしかしたらこれが、
アニメ『聖闘士星矢』の為に、
オリジナルキャスト6名の方達に戻して頂く為に私が出来る
電話やメールで伝える以外の
最後の手段となってしまうかも知れないとの思いもあります。

やはり私はまだ諦めたくは無いです。
アニメ『聖闘士星矢』が大好きだった私が、
オリジナルキャストの方達が演じるキャラが大好きで、
熱く最後まで絶対に諦めなかった星矢達が大好きな私が
ここで諦めてしまうなんて考えられませんし、
最後まで可能性がある限りは諦めずに信じて行動して行こう、
そう決めています…。

そして、
今回のこの書き込みを読んで頂いた方に感謝致しますm(_ _)m。
2006/05/03(水) 00:19:44 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
管理人
あいさん、りつさん、お二人ともお気持ちは判りますが

>あいさん
個人の想いや決定まで強制しておりません。購入した方、購入を決めた方に対する批判はお控えください。
>りつさん
あまり購入を主張されるのもこちらでは趣旨違いになるかと思います。
購入された暁には、購入者の権利として封入ハガキなどで、製作者への訴えをよろしくお願いします。
2006/05/03(水) 08:01:16 | URL | 管理人 #vFYLTPDc[ 編集]
承知して居ります
管理人さんへ

ご足労申し訳ありません。
そして、こちらでは趣旨違いなのは分かっていたので、
これ以上の購入の主張や賛同の求めを書き込むことは
考えて居りませんでしたし、
一言足りなかったと反省して居ります。
只、意見を伝えた時は、
ご報告の簡単な書き込みを
こちらに一度だけさせて頂くことを
お許し頂ければと思って居ります。
どうか宜しくお願いします。

そして、削除せずに頂きありがとうございましたm(_ _)m。

※一部編集しました
2006/05/03(水) 11:28:28 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
りつさんへ
管理人さまのおっしゃる通り、ここで購入を勧めるのは控えた方がよろしいかと思います。
りつさんの考え方は一通り読んで納得いたしました。
でもこれだけは言わせてください。
もはや作者は星矢をりつさんの様に作品として愛してはいなく、金さえ手に入れば声優なんてどうでもいいと考えている事実。
そして携わっている企業も、金儲けでしかなく(仕事なんですから当然ですね)りつさんの様な方を利用する事しか考えてはいないという事を。
悲しい事ですが多分りつさんの気持ちは伝わりません。
2006/05/03(水) 11:33:15 | URL | きさらぎ #mQop/nM.[ 編集]
そうですね…
きさらぎさんへ

私の意見にご理解頂きありがとうございますm(_ _)m。

そして、仰ることが事実なのかも知れません…。
しかし私は、
原作者や企業がどう思っているとかはこの際どうでも良いことで、
彼等の思惑はどうでも、
多くの人が望んでいるであろう決断をして頂ければ
それで構いません。
そのことの後押しとなることを私はしたいだけなので、
その結果に繋がる為に利用されるのであれば、本望とも言えます。
2006/05/03(水) 11:48:23 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
意図が分かると良いのですけど…
初めて書き込まさせて頂きます!

今回のこのCDに心動かされている一人です。
確かに冥王冥界編の歌が入ってるけど、圧倒的にオリジナルキャスト時代の曲が多い…
(歴史の長さが違うから当然だけど…)
さらに古谷氏が歌うペガサス幻想…
実際これがなければ見向きもしなかったんですが…。
私もリツさんのように考えてしまったんです。
オリジナルを求めている事を数字というハッキリしたもので伝えられるツールになるのかもしれない、と。
ただの金儲けの手段なのかもしれないし
ただの無欲な選曲なのかもしれない(笑)
ですが…

冥王冥界編もの!なら不買ってハッキリした手段が取れるんですけどね、
これは自分の中で扱いが難しいです…

本当に意図が分かると良いのですけど…
2006/05/03(水) 23:13:08 | URL | 希 #vS/RWfqI[ 編集]
難しいですね…
希さんへ

> 数字というハッキリしたもので伝えられるツールになるのかもしれない

そうなんですよね…。
このCDを購入することで、
何かを変える手段と成るのかも知れないと、
その可能性を私は考えてしまうのです…。
今回はその思いで購入と言う選択をしたのですけれど。

企業側の意図と言うのも、表向きと裏の本音があるものですし、
それを読み取るのは簡単なようで難しくもあり、と感じてしまいます。
購入を迷ってらっしゃる方の理由も様々ですし、
結局は自分がどのように決断するか、しか無いのかもですね。
2006/05/03(水) 23:57:19 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
私の場合は
御意見中の所失礼致します。
私自身の場合は現在放送中の新作アニメ全般に対して個人的に支持しない方針を固めています。さらに東映アニメーションの最近の動向に賛同出来ない事から、ドラゴンボール関連も不買範囲です。

戻すかどうかは元より、数ヶ月「アニメーション購入不支持」の姿勢に入りまして、代わりに世間一般の動きに目を向けるようになりました。
そうする事で、なぜ今回の一連の件が起きてしまったのか。そのヒントに近づく事も出来ました。

私が「アニメ」に求めていた価値観。或いはアニメにお金を提供出来る価値観が今の時代では通用しなくなってしまった。
或いは、初めから金銭や非常に狭い範囲内の仲間関係のみをDVDに強く要求するがゆえに、過去に持っていたはずの価値観全てを失ってしまっていると考えてもいいのかもしれません。

一旦、何らかの体制に大きな変化が起こる事でもなければ顧客が再び顧客として商品を購入出来る環境には中々戻れないだろうとは思いますが、DVD時代になり行き過ぎた個人主義が横行蔓延し、ついには

「大勢の仲間や価値観と共に意見を交わし、時代性を楽しむ映像商品」

としての基本の存在価値まで否定してしまう。そういった存在価値を忘れてしまい、最早「共有性」を破綻した後の「物質」としてしか出せない所に到達していると思われます。

行き過ぎた個人主義。需要と供給を無視した経済至上主義の成れの果て。新聞でのテレビ欄も日々乱暴な言葉で無残に書き殴られたアニメの無神経なサブタイトルが目立ちます。これだけ事が酷くなればアニメーションは廃れ行くのみなのか。私個人としては断食体制に近い状態の「アニメーションお断り」を掲げてもいます。
2006/05/04(木) 15:31:06 | URL | 龍崎葵 #1jhbtX.k[ 編集]
これは…
超造形魂、250円なのに前に出た
200円のガシャポンに劣る出来に見える。
バンダイもこういう商売をするようになりましたか。
コンビニでみて、愕然としました…
キン肉マンやらDBはあれだけ細かいのに。

現時点で魂WEBのトップの星矢画像にカーソルを合わせると「テレビアニメワンピースpart1」と出ます(笑)
2006/05/11(木) 20:42:53 | URL | 管理人 #vFYLTPDc[ 編集]
こ、これも・・・(苦笑)
管理人さん、魂WEBがなんだか悲惨ですね。
今は「聖闘士聖衣神話『パンドラ』購入キャンペーン」にカーソルを合わせると、何故か「聖闘士聖衣神話『教皇シオン』購入キャンペーン」と表示されます(笑)。

聖闘士星矢…破綻してますね、いろんな所といろんな形で。
夏からのチャンピオンでの連載…。これも更なる破綻をきたすのではないでしょうか。もっとも、僕は不買派ですから立ち読みもしませんが。
2006/05/17(水) 11:00:31 | URL | 今は匿名で #fIOMYM0M[ 編集]
龍崎葵さんへ
不買についてのコメント欄ですが、管理人さん始め、皆さんにもご迷惑かと存じつつも、一言だけ龍崎さんへお伝えしたく書き込みをさせていただきます。

龍崎さんの仰りたい事、伝えたい事など、とてもよく分かるのですが、なるべく要点をまとめた短いコメントにしていただけると読み手として嬉しく思います。
伝えたい思いは痛いほど分かるのですが、その思いを細かく伝えたいが為に、物凄く文章が回り道してしまい、結果として長文・読み難さが出てしまっているようですので(一部、意味が分かりにくい等)、その点、ご注意いただければ幸いです。

管理人でもない僕が言うのも失礼かと思いますが、常々感じておりましたので、無礼を承知で書き込ませていただきました。
そして、このコメントにてご気分を害されましたら申し訳なく存じますが、何卒お許しください。m(_ _)m
2006/05/17(水) 11:36:57 | URL | 今は匿名で #fIOMYM0M[ 編集]
新旧売り上げ・アニメイトOVA月間ランキング
前回の頃はオリコンを気にしていなかったので
手元にデータがありませんので書き込めませんが、
アニメイトでの月間ランキングなら
TBSの『ランク王国』での放送で確認出来ましたので、
新旧のランキングの結果を書き込んでおこうと思います。
一時期OVAランキングの放送が無かった時のものは
データ無しです。
販売数の比較の為『星矢』よりも上位の作品も入れました。
 #前回は基本『星矢』の部分しかダビングしていなかったので
 #他作品データの無いものもあります
他作品の商品名と巻数は簡略です。

◆冥王ハーデス十二宮編◆

1巻 2003/01/25 2位 販売数:6460
 ※1位『遙かなる時空の中で』 販売数:9819

2巻 2003/02/25 2位 販売数:2446
 ※1位『遙かなる時空の中で2』 販売数:4755

3巻 2003/03/28 1位 販売数:2143
4巻 2003/04/25 (OVAランキング放送無し)
5巻 2003/05/23 (OVAランキング放送無し)
6巻 2003/06/27 2位 販売数:2006
7巻 2003/07/25 1位 販売数:3771

 よみがえりし黄金聖闘士たちの神話
前編 2003/10/24 2位 販売数:1048
後編 2003/10/24 1位 販売数:1066

◆冥王ハーデス冥界編前章◆

1巻 2006/02/22 4位 販売数:670
 ※3位『HELLSING』 販売数:1294
 ※2位『TALES OF PHANTASIA 初回ユグドラシル』 販売数:1442
 ※1位『TALES OF PHANTASIA 初回コレクターズ』 販売数:2202

2巻 2006/03/23 3位 販売数:494
 ※2位『セイント・ビースト』 販売数:2490
 ※1位『テニスの王子様』 販売数:6303

3巻 2006/04/26 3位 販売数:304
 ※2位『エンジェルズフェザー 初回』 販売数:411
 ※1位『蜜×蜜ドロップス』 販売数:438

以上が月間ランキングと販売数の結果です。

◆追加◆
冥界編前章・全3巻発売後の現状が窺える一例かと思い、
追加することとしました。

今回の月間OVAランキングでランクインしている作品中、
冥界編前章3巻だけが
ジャケットイラスト担当者の名前を表記して映像が流れました。
そんなことは今までそのコーナーで見たことが無かったですし、
今回初めて目にしたことでした。
しかし冥界編前章の1・2巻の時はそんなことは無かったので、
荒木・姫野両氏の名前をああ言ったコーナーで表記して
以前購入していた方達に訴えなければならない現状なのかな……
と、それを見た時に思いました。
◆追加◆


所で、こちらで何度か原作者の告知文が読めるスレッドのURLを
キャシュのURLを含めご紹介しましたが、その度消えていってしまい、
誰かの削除依頼により消えてしまった所もあったようなのですが、
実は、ある所に告知文のスレッドのログが保存されていまして、
ミラーになっていて今も読むことが出来ました。
多分そこは消されないと思うのですが
万が一のことも考えられるので、もうURLは書き込みません。
ですが、今も過去ログが読める所があることだけは
今回ご報告させて頂きます。
これからご覧になりたい方は、
確認出来るサイトを捜してみて下さいね。
私が知ってる所以外にも、
ログ保存をされて公開している所もあるかも知れませんね。
2006/05/21(日) 02:33:15 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
告知文ログ
詳しいデータをありがとうございます。avexは不人気作を見切るのが早いですからね。後章はどうなるのやら。

我々ファンも、今こそ冷静に「消費者が求めている商品は、オリジナルキャストの続編です」とキチンと企業側にアピールしていきましょう。

告知文ログは海外サイトでUPされています。未読の方は以下の文で検索かけてみてください。↓

ジャンプ本誌において特別全4Cも書き下ろししたのです。
2006/05/21(日) 13:00:32 | URL | vicisono #8dInCSig[ 編集]
告知文保管しました
初めまして。私は「超人列伝」というブログを運営する者です。
昔からの星矢ファンだったのですが、OVA化の際に乗り遅れ、今さらながら事実を知り、ブログ上でこの問題について取り上げているところです。
この度このコメント欄経由で初めて告知文を目にすることができ、何とも言えない怒りに似た感情がわき起こりました。この告知文は私のブログの星矢記事上で責任を持って保管し、まだ知らぬ人たちに見てもらうように致します。削除等の動きに対しての全責任も私が負います。
http://starking.blog45.fc2.com/blog-entry-21.html (漫画・アニメ欄に星矢専用記事)

このように裏ですべてが決定され、復活を支えたファンをないがしろにしたまま進むのは許し難いものです。不買運動含め、ぜひ協力させてくださいm(_ _)m
2006/05/22(月) 13:44:29 | URL | かなやりさ #d/CpiV46[ 編集]
追記:
かなりコア(核心部)に触れる情報源から、この車田氏の圧力がアニメ制作スタッフ及びスポンサーを無視した一方的なものだと言う事実を得ました。

私は戦います。バイバイ、憧れだった車田正美。
今は「敵は車田正美」。
2006/05/22(月) 19:59:16 | URL | かなやりさ #d/CpiV46[ 編集]
告知文に関して等など
>vicisonoさん

告知文ログの海外サイトの検索の仕方を教えて下さり、
ありがとうございます。
日本語との同時掲載で有り難いですね。

 > avexは不人気作を見切るのが早いですからね。
 > 後章はどうなるのやら。

新生『星矢』に関してはどうなのでしょうね。
氏の側との契約の関係とか色々ありそうな気もしますが…。

 > 我々ファンも、今こそ冷静に
 > 「消費者が求めている商品は、オリジナルキャストの続編です」と
 > キチンと企業側にアピールしていきましょう。

そうですね、私も私なりの方法で、また伝えたいと思っています。


>かなやりさ さん

ご自身のブログでの告知文の公開を責任を持って行なって下さる
とのこと、とても心強く思います。
今回の変更に憤り悲しんでいる者からすると、
揺るがしたいものがとても頑強な存在にも思えますが、
なんとかもう一度、
オリジナルキャスト・スタッフの方々に戻って頂けるように
是非とも事態を動かしたいですね。
2006/05/22(月) 23:44:02 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
是非決断をして欲しいものです
文中リンクのページを関連カキコを含み読ませて頂きました。
想像の範囲内を含めたことが繰り広げられていたようですね。
今回のことを皮算用してた人達の思惑など
今となってはどうでもいいと私は思っているので、
オリジナルキャストの方達が現役の内に
決断して頂きたい!!!。それのみです。

せっかく都合良く【前章】となっているんですから、
もう一度だけ、かつての原作のエピソードだけは、
オリジナルキャスト・スタッフに戻して頂きたいです……。

 ※削除されたとのことなのでレス等編集しました

新たに編集追加↓

管理人さんの判断を私なりに解釈した上で、
ご本人が削除されてしまった文中リンクのヒントを書き込みます。

『Yahoo!掲示板』にて検索するヒントとして↓

 NEO・聖闘士星矢を語ろうよ

と入力し、そのページを表示したら、【No. 表示】の所に
 483
と入力し、No.483の書き込みを表示したら、
その後も同じように、484 485 と入力するか、
URLの末尾の数字を変えれば簡単にご覧になれますし、
続き番号であれば【次のメッセージ】をクリックすれば、ご覧頂けます。
2006/05/24(水) 01:16:44 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
管理人
>龍崎葵さん
東映アニメは確実におかしい方向に向かっていて、アニメ界の腐ったリンゴになり得るかもしれませんが、とりあえずここでは星矢を中心にしたいと思います。狭義で申し訳ありません。
>匿名さん
管理人が至らないもので、いつも皆さんのご意見や情報に助けていただいております。
魂WEBの方は…そのままですね。
>りつさん
詳しい情報をありがとうございます。
前作と比べると信じられないくらいの下がりようですね…。
>かなやりささん
ご紹介ありがとうございます。こちらとしても心強いです。

ネット上の告知文転載は無断転載であるのに、リンクをするのはどうなのか、というご意見も戴いていたので、ご要望があるならページを作って要約しようかとも考えていたのですが…(ページごと保存してあります。)

かなやりささんの場合、告知文が誰の文責であるかは明らかにしてありますし(元のURLは消されてしまっていますが)ご自分のブログ内で参考として使用されているので、無断転載というより「引用」であると考えます。ざっと著作権関係を見てみましたが、引用の条件は満たしていると思います。某海外サイトは拙いと思いますが…

>vicisonoさん
こちらの方は無断転載に当たる(線引きが難しいのですが)かな、と思うのでURLは自粛していただければと思います。
中国語にも翻訳されているのですね。
2006/05/24(水) 02:58:58 | URL | 管理人 #vFYLTPDc[ 編集]
判断が難しいものなのですね
管理人さんへ

新旧の結果の差はオリコンの結果でも目に見えていましたが、
アニメイトでもまた、このような結果だったと。
本来であればこのような結果には成らなかったのではと思います。

そして、無断転載等の判断は難しいものなのですね。
と成ると、かなやりささんの行動は、やはりとても有り難いですね。
2006/05/24(水) 08:56:35 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
削除いたしました
ご面倒をおかけしてすいませんでした。
2006/05/24(水) 21:36:06 | URL | vicisono #y.kSEXFg[ 編集]
判断を仰ぎたいのですが
ご本人が削除されたとのことなのですが、
文中リンクにあった所は、
書き込まれた方が仰るようにメーカー側が狙っていた客層や
皮算用が見え隠れする一つの例として参考になる気がするので、
新たに下の【URL】部分にリンクしてみようかと思うのですが、
どうでしょうか。お手数お掛けしますが、
管理人さんの判断を仰ぎたく思います。
2006/05/25(木) 01:14:37 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
検索
vicisonoさんの前のレスのヒントだけあれば十分かなと思って、直リンクはさけてくださいね…くらいのつもりだったのですが、両方削除されてしまったのですね。
せっかく教えてくださったのに、言葉足らずで申し訳ありません。>vicisonoさん

とりあえず、私的な線引きは
×無断転載を誰でも気軽にクリックしてみる(直リン)
○無断転載が存在するが見たい人は検索する(ヒント)
としておきます>りつさん
2006/05/25(木) 20:59:55 | URL | 管理人 #vFYLTPDc[ 編集]
あらためて・・・
おさわがせしてすいません。ではあらためて。

Yahoo!掲示> エンターテインメント > コミックとアニメーション > アニメ > 全般
「NEO・聖闘士星矢を語ろうよ 」スレッドの、メッセージ: 483, 484, 485 に、
スーパージャンプの応募券で新キャストのお披露目にあたるラジオ番組の「集英学園乙女研究部」の公開録音イベントに当選した方が詳細なレポートを書かれています。

特に484の「レポ:感想2」という文章に、長年の「熱血少年漫画・聖闘士星矢」ファンとして、胸の潰れるような状況が生々しく語られております。

TVアニメ終了時から、「いつの日か『ハーデス編』を」と物心両面で送り手を支えてきた長年のファンにはまともな説明もしないくせに、このようなイベントで新キャストのお披露目をする。しかもこのような演出で・・・。

このレポを読めば、公式の理由である「声の老化」は真っ赤な嘘。実際は「今後の長い星矢の展開」=「BL市場で小娘相手に小銭を稼ぐこと」であることが、骨身にしみて理解できます。

併せてNo.179, 180, 181 の、古谷さん鈴置さん橋本さんらの参加した2004年キャラホビのレポを読むと、あまりの落差に涙が止まらなくなります。

古谷さんの「鈴置ちゃんとかと顔合わせると自然と星矢になりますね。紫龍もそうでしょ。」という発言を今読むと、ホントに・・・(涙)。
2006/05/25(木) 22:48:22 | URL | vicisono #y.kSEXFg[ 編集]
このヒントでどうでしょうか
管理人さん、ご判断ありがとうございます。
コメント数を増やしてしまうのが申し訳なく思うのですが、
私もコメントさせて下さい。
そして、
vicisonoさんにもご足労掛けてしまったようで申し訳ありません。

では私は簡単検索の方法を書き込んでみますね。
一応、
このヒントが該当する私の書き込みにも編集して加えてみます。

『Yahoo!掲示板』にて検索するヒントとして↓

 NEO・聖闘士星矢を語ろうよ

と入力し、そのページを表示したら、【No. 表示】の所に
 483
と入力し、No.483の書き込みを表示したら、
その後も同じように希望するNo.を入力するか、
URLの末尾の数字を変えれば簡単にご覧になれますし、
続き番号であれば【次のメッセージ】をクリックすれば、ご覧頂けます。

最低限これらのヒントがなければ
通常の検索の仕方では見つけ辛いと思うのですが、
これでなんとか簡単に見つけられますが、
基準を満たしていますでしょうか。
もし問題があるようでしたら仰って下さい。


そして、最後にまたvicisonoさんへ。
ご紹介のNo.179, 180, 181もこのあと読ませて頂きますね。
教えて下さりありがとうございました。
2006/05/25(木) 23:29:58 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
はじめまして
はじめまして、れおんと申します。早速私も、NEO・聖闘士星矢を読ませて頂きました。No.180のレポにおいて、古谷さんの「でも声優変わっちゃうの嫌ですよねー?」という言葉にズキンときました。天界編の試写会の直後に車田氏から声優変更を持ち掛けられていたわけですから、このイベントの頃には、もうすでに古谷さん達皆、車田氏の本心や企みを知っていた・・・ということになりますよね?読んでいて、ふと、「このイベント時もおそらく内心複雑な思いをなさっていたのでは・・・?」と思ってしまいました。ハーデス十二宮編や、天界編を見ていて、古谷さん達の見事なまでの熱演ぶりに思わず涙しそうになりました。台詞の一つ一つにズシッと重みがあり、心に響き渡りましたが、冥界編にはどうしてもそれを感じとることが出来ませんでした。やはり、星矢は古谷さん達以外あり得ないとますます思うようになりました。                  また、鈴置さんの「ファンの方の力があってこのアニメをやっていく事ができるので皆さん宜しくお願いします。」の言葉に胸が熱くなりました。この言葉からファンの方達をとても大事にして下さっているのがよく分かり、とても嬉しくなりました。(どこかの氏とは大違いですよね。ホント。)そういえば、鈴置さんのお身体の方、今順調に回復しているとのことで、安心致しました。一日も早い回復と復帰を心から祈っております。             長文、大変失礼致しました。           
2006/05/26(金) 22:03:25 | URL | れおん #-[ 編集]
>>れおんさん
冥王ハーデス十二宮編の時点で、車田氏は声優への文句を言っていたらしく、それをスタッフが説得し続けていたそうです。だからレポでの感情を思うと、悲しくなるものです…。
私のブログへのコメントもありがとうございましたm(_ _)m
2006/05/27(土) 08:14:17 | URL | かなやりさ #d/CpiV46[ 編集]
>かなやりささん
いえいえ、こちらこそ。      そういえば、かなやりささんに、告知文等、まだお礼すらしておりませんでした。本当にありがとうございました。               
2006/05/27(土) 18:51:07 | URL | れおん #-[ 編集]
命がけの演技
イベントで嬌声をあげていた1800人のうち、実際に7,875円を出してDVDを買った子は何人いるのでしょう。
十二宮編の時はアニメイトでグッズも出ましたが、今回はナシみたいですね。
皮算用、完全に外れましたね。

そもそも、「お披露目」をして「今後もよろしくお願いします」と頭を下げるべきなのは、星矢を知らない十代のお嬢さん方にではなく、十二宮編全7巻、計54,180円を購入して続編を心待ちにしていたファンに対してでしょうに。
もっとも、それを受け入れるかどうかは別の問題です。

リンク先は、WEBアニメスタイル内の首藤剛志さんのコラムです(出版社公式サイト)。

『戦国魔神ゴーショーグン』の小山さん鈴置さん塩沢さん達との思い出話にからめて、アフレコ技術の変化やそれに伴う声優の質低下、「グラビア声優」への懸念などが率直に語られています。

フイルム時代の一発勝負の緊張感のあるアフレコと、現在のミスすればそこだけ取り直しのブツ切れのアフレコでは、演技に対する没入が全く違うのだと。

切り張り演技で甘やかされた新人声優と一緒では、命がけの演技は出来ない、という古谷さんの言葉は、決して盲目的に同僚を庇ったのでも、芝居がかったハッタリでもなく、「プロの演技者」としての真実なのだということが非常によくわかります。

これ以上傷を深めないために、今からでもオリジナルキャストと旧来のファンに頭を下げる気はないのですか?
2006/05/28(日) 10:44:24 | URL | vicisono #y.kSEXFg[ 編集]
本物であるからこそ心震えるのですよね
ご紹介のコラムは私も以前に読んで居りました。
アニメーションの現場に長く携わっている方だからこその
説得力ある現場への嘆きと受け取ることの出来る文面でした…。

今の時点で前任者と成ってしまっている
オリジナルキャストの方達の演技は、
改めて耳にするとやはりその熱い確かな表現力に
分かっては居ても驚かされるのです。
たった一瞬だけでも驚愕したこともあります。
本当に素晴らしいのです。

オリジナルキャストの方々の世代は確かな表現力の方達で
安心してアニメーションを見ることが出来るのは確かですが、
かと言って今の若い世代の声優達が完全に見込みが無い訳でも無く、
「この人巧いなぁ」と思わせてくれる方だっていらっしゃいます。

けれど『聖闘士星矢』と言う作品は、
役者としてのきちんとした素養が身に付いた
確かな実力の役者で無いと難しい作品なんですよね。
ストーリー展開自体は単純なのに、
演じると成るとやたら難しい…。
素地が足りない役者には、かなり難しい作品です。
今回の騒動で改めてそのことを感じさせられました……。

現在の制作側の方達で
決断し実現に尽力する立場に居る方々には
今はもう亡くなられてしまっている旗野プロデューサーのような
意識を持って作品作りに取り組んで頂きたいのですが……。

アニメ『聖闘士星矢』に必要な本物の魂を取り戻す為に
キャスト・スタッフをせめて現在集められるベスト布陣に戻すことを
是非一日でも早く決断して頂きたいですね…。

※一部追加編集しました
2006/05/28(日) 22:28:41 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
聖闘士星矢の完全版について
遂この前、久しぶりに近所の本屋へ行ったのですが、星矢の完全版が完全に消えました。前までは、1巻から必ず置いてあったのに・・・。(他の店ではどうなのかは知りませんが・・・。)これは、やはり売れてないからだと見ていいでしょうね・・・。
2006/06/01(木) 19:28:24 | URL | れおん #-[ 編集]
ありがとうございました
お世話になっております。管理人様、ご対応ありがとうございました。

関連企業、若手声優の小銭目当てで星矢枠を、というのは前々から私が危惧せずにはいられなかったそのものの実感です。
テレビ版当時から13年経過していれば声優も次世代に交代されているでしょう。ですが、それが誠実な作品販売ではないのが問題です。

星矢があるからアニメファンを続けられた顧客も、この機会に見限りが付いている方も多いのではないでしょうか。冥界前章も最近は近くの専門店で店に並べていないのを確認しました。よほど抗議が殺到しているのでは・・・・です。



2006/06/02(金) 19:25:47 | URL | 龍崎葵 #JalddpaA[ 編集]
一連の流れ
色々反応を伺ってましたが、そろそろ頃合いかと思い(今のところ原作サイドからの圧力もないので)、聖闘士星矢のハーデス編一連のまとめを記事に追加しておきました。私が知っているのは大まかこんなところです。よかったらご覧ください。

http://starking.blog45.fc2.com/blog-entry-21.html
2006/06/04(日) 21:02:40 | URL | かなやりさ #d/CpiV46[ 編集]
ファンの気持ちと向き合って欲しい
不買の理由。欲しいという気持ちが持てなくなったから、お金を出そうとは思わない。単純にそれだけの事なんですよね...。
声が違ってしまうと、今まで好きだった気持ちを持続させるのは無理になる。作品に魅力を感じなくなってしまうから。それぐらい声というファクターは重要です。
さらに例の告知文で作者を応援するも失せてしまったということです。
声優変更発表以降、ファンの為に何か創ろうとする作者&アニメ制作側の意欲が感じられなくなりました。残念ながら現在の「星矢」には付いていけないものを感じています。

今度出るCDにしても、買いたいと思うような要素が見つからない。古谷さんのペガサス幻想はコンプリートソングコレクションで聞けるし、Neverも天界編サントラを持っているので十分です。ジャケットも原作テイストで、アニメならではの魅力が薄くガッカリしました。
チャンピオンの連載も、原作者が描くと聞けば、本当なら嬉しいはずですが、あの告知文の後では喜ぶ気にはなれません。天界編に不満をこぼしながら、なぜ自分で執筆しないのか疑問です。それに、恐らく新キャストをイメージしながら新作を描くのだろうと思うと読む気にはなれません。新キャストの方々には罪はありませんが。
冥界編は売れてるんだというポーズを取りたかったのでしょうか。或いは冥界編や作者に関する評判を知らない新規のファンを欲したのでしょうか。しかし雑誌を見て興味を持った方がいきなり高額なDVDを買うとは考えられませんし、原作を読みたい人も刊行中の完全版よりは完結している文庫やコミックスを求めるのではないかと。逆に今起きている問題を多くの人に知らせるきっかけを作っただけかもしれません。

以前は星矢関連の物なら買う必要の無い物でも欲しくなっていたけど、今の状況には寂しさを感じます。
2006/06/08(木) 01:37:11 | URL | 西高東低 #BWgGc7Fk[ 編集]
ゲーム続編の件
バンダイからゲームの続編が出るようですが、古谷さんの掲示板によると話は来ていなく、新キャストではないかとのこと。事実関係をもう少し確認しますが、自分としては海外ファンへ向けた記事をつくろうと目論んでいます。
ただ英語が稚拙なところがあるため、もし英語が得意な同士がいらっしゃいましたらチェックやご協力をお願いしたいのですが…。

ここまできたら世界全土の星矢ファンへ氏の実態を突きつけねば、この横暴に歯止めが利かないと思うのです。
2006/06/18(日) 10:39:36 | URL | かなやりさ #d/CpiV46[ 編集]
以前の今回限り購入宣言の結果報告です
以前書き込ませて頂いた今回限りの購入宣言通り、
6月21日発売のCD『聖闘士星矢 主題歌&BEST』を購入し、
意見と要望を電話とメールで東映に伝えました。
アンケートハガキは封入されていなかったので、
コロムビアにはメールフォームで伝えました。
以前発売中止になった、
カセットコミックシリーズのCD化を冥界編との抱き合わせ無く
商品化して欲しいとの要望も伝えました。
あれのCDなら迷い無く購入するのになぁとの心境です…。

それと、今回のCDは、
とある方の掲示板に発売前にコロムビアに問い合わせた方が
このように↓書き込んでいたんですが、

 > デジタルリマスタリングされての発売
 > 星矢の過去作品は全てアナログマスター

ですが、ジャケットや歌詞カードなどにも
一切そのことが触れられて無かったので、
電話でコロムビアに問い合わせてみた所、
オペレーターの方が仰るには、

「過去に発売したCDのクロニクルの時に
 デジタルリマスタリングになっていて
 その時使っていた曲をそのまま使っているので
 今回収録の曲は全曲デジタルリマスタリング」

だと仰ってました。
とある方の掲示板には書き込まないほうがいいかなと思い、
こちらに書き込ませて頂きました。済みません。

以上、ご報告でした。


それと先月こちらに、
アニメイトのOVA月間ランキング新旧売り上げ結果を
書き込ませて頂いたのですが、
その時はシンプルに売り上げ結果だけに留めて置いたほうが
良いのではとの思いで書き込まなかったことがあるのですが、
かなやりさ さんのブログで書き込ませて頂いたこともあり、
やはりこちらでもお伝えしようと思いました。
冥界編前章発売後の現状が窺える一例かと思いますので、
前回の書き込み部分に追加します。
書き込みタイトルは、
 【新旧売り上げ・アニメイトOVA月間ランキング】 です。
宜しかったらご確認下さい。

◆追加◆
このCDを帯付きで無い状態でご覧になる方への
情報として追加しておきます。

『聖闘士星矢 主題歌&BEST』の帯には、

 書き下ろしジャケット・イラスト
 荒木伸吾・姫野美智

と書かれています。
過去のレコード・CDジャケットを全て憶えている訳では
無いですけど、このように表記されているのは
『星矢』の音楽関連の商品では珍しいですよね?。
これも推測される理由が当て嵌まるのでしょうか?……。

でも歌詞カードの最後のページには、
 ジャケットイラストレーション:荒木伸吾・姫野美智
とありますので、
購入される方やレンタルされる方はそれで確認出来ますね。
2006/06/21(水) 11:44:38 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
お邪魔します。
はじめまして。少々場をお借りします。自分は星矢が本放送していた頃からのファンです(・・・という事はすでに三十・・・) 自分もこの度の声優変更納得いかないです。 恐らくここの皆様と同じように自分も他の声優がやってる星矢達の声以外考えられないからです。 車田先生は声優の声が劣化した、みたいなコメントを以前発表されていましたが声優はその役において年を変えられる事を知らないのでしょうか。自分こそ今りんかけ2でオリジナリティー0の過去の勇名にすがった駄作をおめおめと掲載させています。 夏からチャンピオンで星矢再開とありますが今のりんかけ2を見る限り見たいとは思わないです・・・ そんな事もあり最近また星矢の原作コミックを見ましたが・・・ 先生もかつての自分の作品を見てみたらどうでしょう。 当時の星矢は非常に素晴しく自分にもかつての若かりし頃夢中になった時の事を思い出しました。 男で売ってきた車田先生の今回のかつての盟友であった声優陣や往年の、そして新しいファンへの裏切り・・・ 是非星矢を書いていた当時のご自分と話してみて欲しいです。 少なくともその当時の先生なら・・・「だせぇぜ! 男なら自分の信じた物に賭けてみろっ」と仰ると思います。 とにかく情けないです。 長々書いた上脱線した駄文載せて恐縮ですが無念な気持ちを分かって頂きたいです。 なので自分も不買運動に協力致します。。。
2006/06/28(水) 16:05:28 | URL | たっつん #ry7m0DHA[ 編集]
オリコンで初登場順位が発表されました
オリコンのサイトで確認致しましたので、
一応書き込ませて頂きに来ました。
『聖闘士星矢 主題歌&BEST』の
初登場順位は、156位 でした。

ちなみに今年の1月に発売したと言う主題歌シングルのほうは、
調べて見た所、182位 でした。

今回は値段がシングルより上だったことを考えても、
そのシングルよりは上位に来たことは健闘したと言えるのかな?
と私は思いましたが。
 #他所の掲示板でも何人かお見掛けしたことを考えると
 #その購入者の中には私のような考えで購入した方も
 #きっといらっしゃったのでしょうね

それでは、ご報告でした。
2006/06/28(水) 17:15:11 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
久しぶりに投稿します。
わたしもりつさんとほぼ同じような気持ちで「ザ・ベスト」のほうを購入いたしました。
「不買をするだけが意思表示ではない」
そんな気がしたからです。

同じ冥界編の音楽が入っていても、「古谷徹」という本来あるべき人が名を連ねるだけでこれほどの効果があるということを、訴えかけるいい機会なのかもしれません。

正直なところ、車田氏に印税が入るのはシャクですけれどね。
2006/06/28(水) 20:56:58 | URL | #oh4NkpYI[ 編集]
確かに・・・ 少し前にも書き込みあったけど今のりんかけ2の画力はひどいな・・・
あの画力で星矢を書いても・・・ ファンが離れるだけか??
2006/07/02(日) 20:02:17 | URL | てつ。。。 #-[ 編集]
前章売り上げに関して
アニメイト売り上げ拝見させて頂きました。・・・・・既にこちらは十分の一所の売り上げ減ではない、と。ハーデス十二宮編当初は私が知る限り、売り上げ総数の中でもかなり大幅な顧客を確保していたのではないかと覚えています。

車田氏の裏切りに関しては呆れも呆れ、です。誠心誠意溢れる数々の語録に「カッコイイ」と共感した読者がこのような目に合うとは。最早完全版22巻も出すだけ資源の無駄です。
2006/07/03(月) 16:35:56 | URL | 龍崎葵 #JalddpaA[ 編集]
車田先生はなにがしたいんでしょうか?
正直いいますが森田さんの星矢では台詞の重みが違いました。
ガッカリです。下手ってわかってるような役者に演じさせないでください
昔のファンを馬鹿にしてるんですか
声?そんなに変わってましたか?
愕然と目に見えて変化したのは車田先生の画力でしょう。
そっぽ向かれてるのは自分の内容だということに気が付いてください
2006/07/04(火) 00:31:32 | URL | #-[ 編集]
7/2の16時ごろ投稿してくださった方、申し訳ありません、誤って削除してしまいました。慌てて書き写してこの上の記事に再投稿させていただきましたが間違いがございましたらお申し出くださいませ。まことに申し訳ありませんでした…
2006/07/04(火) 00:35:39 | URL | 管理人 #vFYLTPDc[ 編集]
冥界編前章オリコンランキングデータ
不買対象商品候補のコメントのほうで
管理人さんにお伺いした所ご用命頂いたので、
こちらにオリコンでの冥界編前章の
ランキングデータを書き込ませて頂きますね。
以前にも書き込んだ通り、
ハーデス十二宮編のランキングデータは殆んど分からないのですが、
冥界編前章のほうは、
各所でご報告書き込みをされている方々をお見掛けし、
その書き込みを再度確認し纏め直したものです。


◆オリコンDVD総合週間ランキングでの初動の結果◆
2006/3/06付データ◆冥界編前章 1巻 20位 約7,390枚
2006/4/03付データ◆冥界編前章 2巻 28位 約5,665枚
2006/5/08付データ◆冥界編前章 3巻 30位以下

3巻は30位以下の為、
サイトでの枚数データ確認が出来無かったとのことです。
しかし、総合30位にランクインした作品の枚数が
 6,157 だったので、
3巻の初動枚数は6,000前後だったのでしょう。
この3巻はアニメ部門では15位だったようですが、
その方は枚数までは書かれていませんでした。

以上、オリコンランキングデータでした。

ちなみに、
ハーデス十二宮編1巻はオリコンDVD総合8位・7巻は7位。
天界編序奏は総合11位で、
初動枚数は分かりませんが、どうやら2万枚は売れたようなので、
累計2万枚以上と捉えてよいのでしょうね。

もし、ハーデス十二宮編のオリコンでのランキングデータを
お持ちの方がいらっしゃったら、補足して頂けると嬉しいです。



今回ちょっと、
検索キーワード「聖闘士星矢 DVD ランキング」で検索した所、

【PlayStation.comオリジナルランキング
 映像ソフト予約/販売】
 http://www.jp.playstation.com/shopping/video/ranking.html

というのを見つけ、見てみましたら、
【集計期間:2006/06/26~2006/07/02】で、
販売ランキングの6位にハーデス十二宮編の5巻が
ランクインしてました。
【集計期間:2006/06/30~2006/07/06】では、
13位にランクインしてました。

 ◆追加◆
 【集計期間:2006/06/24~2006/06/30】
 8位 聖闘士星矢 冥王 ハーデス十二宮編 5

 【集計期間:2006/06/29~2006/07/05】
 9位 聖闘士星矢 冥王 ハーデス十二宮編 5


予約・販売ランキングそれぞれ20位までランキングされてましたが、
販売ランキングに冥界編前章は無かったです。
 ※ハーデス十二宮編5巻がランクインしているページは
   今現在キャッシュで確認出来ますが、
   アドレスが長いので下の【URL】に入れました。
   クリックしてご確認下さい。

 ※時間が経ってキャッシュでもランクインデータが
   見れなくなったので【URL】に入れたアドレスは外し
   他の集計期間のものを追加しました



そして、DMM.comの、
2005年・2006年のランキングページも見つけたのですが、

【DVD通販 下半期 アニメ・特撮ランキング べスト100】
 http://www.dmm.com/mono/dvd/ranking/0512_animation_sakuhin1.html/=/ch_navi=/

【2006年 上半期 アニメ・特撮ランキング べスト100】

http://www.dmm.com/mono/dvd/ranking/0606_animation_sakuhin1.html/=/ch_navi=/

2005年の下半期ランキングは、
予約受付が2005年で発売が2006年1月以降のものも混じって
ランクインしてましたが、 冥界編前章は100位以内に見つけられず、
2006年上半期でも見つけられませんでした。

今回各URLは情報元の確認をして頂けるようにとの意味で
書き込みました。
2006/07/08(土) 18:11:58 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
はじめまして。
アニメ版星矢とは関係ないかもしれないのですが、ゲームの続編「聖闘士星矢2」にて新キャス起用のことを知り、居ても立っても居られず書き込みしてしまいました。なんだか消費者の声を無視して、「声をゆっくりと慣れさせていこう。時間をかけて諦めさせよう。」という思惑が感じられてしまい、複雑です。バンダイだけはと信じていたのに(;;)
後章制作も決定してしまった今、もう流されるだけのようで悲しいです。
遅れながらも、不買運動参加させていただきます。
2006/07/12(水) 00:25:08 | URL | かしわ #TY.N/4k.[ 編集]
十二宮編全7巻累計で約28万枚
ランキングは不明ですが、リンク先のバンダイビジュアルのプレスリリース(2004年9月17日) によると、
十二宮編全7巻累計で約28万枚
だそうなので、単純計算で一巻あたり4万枚販売したことになりますね。

発売前の販売目標は、シリーズ合計18万枚だったので、かなりの優良商品だったわけです。

Amazonのハーデス編前章1は、新品の在庫表示がなくなりました。

ダンピングに次ぐダンピングで、ようやく売り切ったのか、あるいは不良在庫として新古書店にこっそり捨て値で横流しでもしたのか?

どちらにせよ赤字が出てしまったのでしょうね、多分。
後章を製作しても、小売店の反応は厳しいものになると思うのですが。

ちなみにPS2ゲーム版前作製作後、ヨーロッパのユーザーがAtari によせた要望の多くは、
「次はアスガルド編、海皇編を」
であったのに、それを飛び越えての冥皇編ということで、欧州のファンからも不満の声があがっている模様です。

ファンの声を無視した殿様商売を続けていると、海外ファンからも見捨てられますよ。
2006/07/16(日) 12:15:12 | URL | vicisono #y.kSEXFg[ 編集]
>>vicisonoさん
声についての不満は向こう(海外)ではどうなのでしょう?中には古谷さん達の演技を評価しているファンもいると聞きますが。
2006/07/16(日) 13:40:05 | URL | れおん #-[ 編集]
確か35万枚でしたよね?
ハーデス十二宮編の売り上げは、
35万枚と発表されていましたよね?。
冥界編前章の宣伝文句にそう書かれていた筈ですけど、
久々にAmazonの冥界編前章1巻のページを見てみたんですが、
商品説明文から売り上げ枚数が削除された文章になってました。
各所の掲示板などでも宣伝文句に売り上げ枚数が
「35万枚」と入っていることが指摘されていた筈ですが、
いつ頃変更されたのかは知りませんが、
発売後に修正されたんですかね。
前回との売り上げの差を自ら比較させるようなものですからね…
きっとそうなのでしょうね……。
2006/07/16(日) 19:22:17 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
海外事情
日本の声優の評価が高い・・・とかいう以前に、海外でのTV放映の際には、暴力・宗教がらみのシーンのカットや設定の改変が大量にある為、海外のマニアは長年オリジナル版に有志が字幕をつけたFansubuを観ていたんです。
だから、彼らは日本の声優の演技に馴染んでいるんです。

ちなみに聖矢は英語圏では時間帯などで不利な条件の放映だったため、今ひとつ知名度が低く、英語のファンサイトも少ないです。

圧倒的な人気を誇るのは、フランスと南米。だからゲームもヨーロッパ先行だった。
実際のゲーム製作は、Dimpsの下請けのPaon で、デベロッパーがAtari 。

クオリティ面で結構難があったものの、まあ一作目だし、これを叩き台にして次の海皇編ではもっと良い物を・・・と期待していたのに、ユーザーアンケートの結果が反映されていないような前情報に、みな困惑しているようです。

日本版の声優交代のゴタゴタのせいで聖矢関係のビジネスが混乱し、冥界編の作画クオリティも落ちたのだから、海外ファンも迷惑を被っているわけですよね。

海外ファン向けに検索キーを入れとくのもいいかもしれません。
という訳で、列記してみます↓

Saint Seiya: The Hades Chapter - Inferno
Knights of the Zodiac/
Cavalieri dello Zodiaco/
Les Chevaliers du Zodiaque/
Los Caballeros Del Zodiaco/
Os Cavaleiros do Zodiaco/
Rycerze Zodiaku/
Mistyczny Wojownik Seiya
2006/07/16(日) 19:35:00 | URL | vicisono #y.kSEXFg[ 編集]
海外事情フランス編
連投すいません。
35万枚ですか。サバを読んでいるのでないとしたら、
2004年9月17日以降もジワジワと一巻あたり一万枚売った
ロングラン優良商品だったわけですね。
一方、冥界編は三ヶ月で不良在庫と化して半額以下で投売り。

リンク先はATARI公式のフランス語掲示板です。

ここ数日ものすごい濃い議論が活発に交わされておりまして、
私も自動翻訳サイト経由でチェックしているので細かいところまでは
わからないのですが、だいたいこんなことを言ってるようです。
(BabelFishで仏→英にしたのを読んだので、かなりいい加減な訳になってると思います。念の為)

#81 と#83 のDonovan_Bainという人の発言、
「バンダイが十二宮編OVAを製作したときは制作費をいっぱい使って
いいものが出来たんだけど、冥界編ではバンダイが降りて
Avex が取って代わって、低予算で制作期間も短くなっちゃったんだよ」
「クルマダがヤマウチを更迭させたんだ。
それでクルマダは20年もレギュラーを務めてきた古いセイユウも
追い出したんだ。マジひどいスキャンダルだよ。
普通こんなことしないよ、ニッポンではセイユウはスターだから。
そんな訳だから、もしバンダイが降りずに、制作費をもっと使えたと
しても、冥界編はどう転んでもダメなことになったんだよ。
それで、日本で出た新セイユウの新作は酷いクオリティで、
すごい酷評されたんだ」


・・・こういう事情通がゴロゴロいますから、むこうのOTAKUには。

我々がわざわざ英語サイトを作る必要はないですよ、かなやさん(苦笑)。
2006/07/20(木) 23:47:39 | URL | vicisono #y.kSEXFg[ 編集]
キャッシュURLとランキングと宣伝文句
上の私の書き込みタイトル
 「冥界編前章オリコンランキングデータ」 で、
【URL】に入れたPlayStation.comオリジナルランキングの
キャッシュのページですが、
時間が経ってランクインデータが見れなくなったので、
アドレスを外しました。
その代わりと言うか、
私が以前に確認はしていたけれど書き込まなかった
2つの集計期間のランキングデータを追加しました。

それと、ハーデス十二宮編の売り上げ枚数を宣伝文句に入れた
冥界編前章の商品説明文は、
Amazon以外の通販サイトでは今も確認出来ますね。
前回書き込んだあと検索して調べて見たんですが、
幾つかのサイトで確認出来ました。

  『冥王ハーデス十二宮編』(全7巻)は
  35万枚を超えるセールスを記録した

と書かれているのが各所で確認出来ました。


>vicisonoさん

海外の『星矢』購入対象者も、
やはり若い層よりも古くからのファンの方達が
圧倒的に多いでしょうから、
ゲームの売り上げも前作との差が出るのではと思われますね。

それと、ヨーロッパのファンが放映・販売が待たれる作品として、
ハーデス十二宮編が、
ヨーロッパの人気投票で2003・2004年版と2004・2005年版で
共に第1位に輝いていますが、
今年発表されるであろう人気投票最新版では
冥界編前章は入ってくるのかどうか…。
2006/07/21(金) 08:39:20 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
管理人
鈴置さん、亡くなられたのですね…
ご冥福をお祈りします。
(私、紫龍ファンです…ガックリ)

夢の一角は完全に潰えてしまいました。
もう不買の意味を失ってしまった方(だから冥界編を買うというのではなく、これからのアニメ星矢自体に興味が失せた)も少なくないとは思いますが…
しかし、だからと言ってこのサイトをとりやめるということはいたしません。ファン不在の作品作りがどれだけ不評で反発を買っているかということを示せたらと思います。
2006/08/10(木) 22:01:28 | URL | 管理人 #vFYLTPDc[ 編集]
ご冥福をお祈りすると共に・・・・、
何か1つの時代が去った感じがしますね。もうあえてオリジナルキャストで、とは言いません。1人でも欠けたら意味がないし、それは古谷徹さんも同じ思いだと思うので。

もう新しいアニメ聖闘士星矢を見れることは完全になくなってしまいましたが、管理人さんの仰るとおり、ファン不在の作品作りがどれだけ不評で反発を買っているかということを、製作側に思い知らせたいです。
2006/08/11(金) 02:52:44 | URL | Pi #WJ6cu70U[ 編集]
驚きました…残念です………
鈴置さんが亡くなられてしまったなんて信じたく無い事実です。
残念でなりません。
今はまだ信じられない気持ちのほうが強いのですが、
でも実感せざるを得なくなって行くのでしょう。胸が痛いです………。

オリジナルキャスト6名でと訴えていた私達の希望は
叶えられなくなってしまいましたが、
このサイトが存続して行くことは大事だと思っています。
ファンの要望すべてを聞き入れるべきとは思っていませんが、
多くのファンを無視して強行することの愚かさを制作側の人々が
実感せざるを得ない事態がまた一つ増えてしまったけれど、
本来あるべき形に不完全ではあれど戻すのか、
それとも完全に立ち消えてしまうのか、
それともあくまでも
最後まで原作者・制作側の頭の中の構想を貫き通し
無謀にも制作し続けるのか…、
その行く末を見守って行きたいと思っています。


最後に一言。

 鈴置さん、ずっとずっと、いつまでも大好きです!!!。
 心よりご冥福をお祈り致します………。
2006/08/11(金) 08:21:35 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
ご冥福をお祈りいたします
初めまして。
先程TVのニュースを見て初めて知りました。
オリジナルキャストでの冥界編を願っていたのでとても悲しいです。
制作側には、ファンの思いを無視した事を反省してもらいたいです。
6人がそろっているうちに冥界編を作ることがどうしてできなかったのかと悔やまれます。
2006/08/11(金) 18:22:10 | URL | 早坂葵 #-[ 編集]
先ほど鈴置氏が亡くなられた事を知りました。
この星矢の件を知っていた為「死ぬ前に嫌な気持ちになったんだろうなぁ。」と想像ながら辛くなってしまいました。
オリキャス復帰は無理だと思っていましたが、(今更声優さん達も戻る気はないでしょうし)これで自分の中の星矢は完全に終わったなと思いました。
他にもいろいろ思い入れのある役をこなして下さった方でした。

鈴置さんのご冥福を心からお祈りいたします。
2006/08/11(金) 21:09:20 | URL | りん #-[ 編集]
鈴置さんの御冥福をお祈りします
私もこの場をお借りして鈴置さんの御冥福をお祈り致します。

思えばテレビ放送当時熱心な紫龍ファンが大勢いました。何と言ったらいいか、女性ファン程主役の星矢は眼中になかったほどの勢いだったと覚えています。
鈴置さんのインタビューでも、「星矢にない部分のヒーロー像を」という面を意識されていたとあります。

ファンを無視して強行する事。天界序奏もその一つに入るのではないでしょうか。
キャラクターの扱いの酷さ。並びに客を無視した姿勢はそのまま悪影響を及ぼし続けるような気がしてなりません。

製作サイド様には送る声も届く声もないのかもしれませんが、私としても重く受け止めて頂きたいと感じました。
2006/08/12(土) 11:52:35 | URL | 龍崎葵 #JalddpaA[ 編集]
相次ぐ悲報に接し…
鈴置さんの突然の訃報と、戸谷さんが半年前に亡くなられていたという事実にショックを受けています。ご冥福を心よりお祈りいたします。

オリジナルキャスト全員が揃うことはもうありません。でも、個人的には声は上げ続けたいと思います。鈴置さんのいない冥界編が見たいかどうかは別としても、古谷さんを始めとするキャストの方々が今後星矢たちを演じる機会を奪ってほしくはないからです。

それはなにも新作アニメとは限りません。今はかつての人気アニメキャラがCMなどにも起用される時代です。その多くがアニメファンのみならず一般の視聴者にも喜ばれているのは、やはり当時の声優さんが見る人の思い出そのままに同じ声でしゃべってくれるからでしょう。

アニメ誌なども読まず、ネットでわざわざ星矢情報など見ない一般の人が、冥界編を借りて声優変更にがっかりしたという話をブログなどでよく見かけます。
自分が創造したキャラのイメージを優先したい作者の考えは、まったく理解できないわけではありませんが、作者自身が無理強いできるのは原作だけでの話。アニメ版を見て育った人たちの心にはそのキャラの姿とともに声も刻まれているのだということを忘れてほしくないし、安易に声優変更を考える作り手には今一度よく考えてほしいのです。

作品がアニメ化されるには様々な条件が整う必要があります。今回のようにせっかくファンも後押しして得たチャンスをつまらない過ちで逸し、なおかつその間に永遠に失われてしまったたものの重さを、制作側には受け止めてほしいと思います。

長文失礼いたしました。
2006/08/13(日) 17:50:21 | URL | とら #p4/nl8ps[ 編集]
鈴置さんお別れの会。そして、戸谷さんへ。
昨日 9月13日は、
賢プロダクションによる鈴置さんのお別れの会があった日でしたが、
雨が降る中で執り行なわれた会だったとのこと、
鈴置さんを偲ぶ方達には涙雨となった日でしたね…。
今も胸の痛みが癒えない皆さん、
忘れ去ってしまうことなど中々出来はしないことですし、
今はまだ、多くの鈴置さんのファンの方達と共に
悲しみを胸に抱いていましょうね……。

そして、シュラの声を担当していた戸谷公次さんも
今年の2月6日に亡くなられていたことは、
前回書き込んだあとに各所でも拝見致して居りました。

お二方へ、改めてご冥福をお祈り致します…。
2006/09/14(木) 23:53:37 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
鈴置さん追悼特集掲載雑誌
先週 9月9日発売の、
『VOiCE Newtype 2006年 10月号 No.016』に掲載された
追悼記事に目を通しましたので、
追悼文が掲載された方のお名前を敬称略で、
掲載順に書き込ませて頂きますね。

 【内海賢二・野沢那智・古谷徹・池田秀一・永井一郎・
  白石冬美・野沢雅子・戸田恵子・鵜飼るみ子・古川登志夫・
  鈴木清信・飯塚昭三・飛田展男・岡本麻弥・古林英明(編集長)】

15名の方の鈴置さんに対する言葉の数々は、
鈴置さんの芝居に対する熱意や、お人柄の一端が窺える、
心に染み入る追悼文の数々でした。
そして、『星矢』ファンとして嬉しかったのは、
出演された主なTVアニメの中に、

 > 「聖闘士星矢」(ドラゴン紫龍)

と書かれていたことと、
旧TVシリーズの頃の紫龍の絵が掲載されていたこと、
古谷さんの欄に、

 > 『聖闘士星矢』(ペガサス星矢)

と紹介されていたことです。
ちょっとしたことですけれど、嬉しかったです…。

その他に追悼記事が掲載されたのを私が確認出来ているのは、
『月刊ガンダムエース 2006年 10月号 No.050』ですが、
こちらには、

 【富野由悠季・安彦良和・池田秀一・古谷徹・古林英明(編集長)】

と、5名の方達の追悼文が掲載されていて、
古谷さん、池田さん両名の文は、両雑誌とも同じです。


まだ少し偲ぶ気持ちに浸って居たい方を含め
ご存じ無かった方への情報として、
この書き込みがお役に立ったとしたら幸いです。

ただ一点、
主要キャストの変更に嘆いた方達にお気を付け頂きたいのは、
この『VOiCE Newtype』は、
グラビアありを含めたインタビュー記事等の中に
新キャストの方達も掲載されていますので、その点はご注意下さい。
その点に関しては苦い切ない気持ちになってしまう私としては、
新キャストのファンである方々には申し訳ないのですけれど、
残念だなぁと思ってしまったのですが、
この追悼記事に目を通すことが出来、購入して良かったと思えました。
これから先ずっと大事にして行きたいと思います。


そして、追悼記事と言うものでは無いのですが、
『ザ・テレビジョン(首都圏関東版) 2006 No.38』にて、
 ※長澤まさみが『セーラー服と機関銃』の扮装をした
   表紙の号です
後ろのほうのページに掲載されている
お便り紹介のページには、
 『今週のテーマ・とても気になった、この夏のニュース』
として、鈴置さんの訃報についての
読者からのお便りが紹介されていました。

それでは、失礼致しますm(_ _)m。

追伸
書き込み後に一部編集しました。
2006/09/18(月) 00:58:29 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
曽我部さん死去
サガやカノンのオリジナルキャストでいらっしゃった
曽我部和恭さんが、今月 9月17日に食道癌の為、
58歳で永眠されたとのこと、ご冥福をお祈り致します……。

曽我部さんの訃報に関して、
古谷徹さんや古川登志夫さんの公式サイトや、
神谷明さんの公認ファンクラブのBBSにて、
御三方がそれぞれ
コメントを発表していらっしゃるのを確認致しました。

今年は声優業界に限らず、ここ数ヶ月、
芸能界での訃報が相次いでいる気がしますが、
もう暫らくはこう言ったことを知ることなく過ごしたいものですね…。
2006/09/20(水) 08:11:36 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
続きますね…
情報ありがとうございます>りつさん

やりきれない報せばかりが続きますね…
戸谷さん、曽我部さんのご冥福をお祈りいたします。
あまり言いたくは無いのですが、時代の節目なのかもしれません。(だから若い人に変えて良かったという訳ではありません)

車田氏が名優の価値が判らなかった人だったというのが本当に悔やまれます。

「時代は変わっても格好悪くなっても良いものは変わらない」
私は車田漫画からそう学んだつもりだったのですが…
2006/09/20(水) 20:29:17 | URL | 管理人 #vFYLTPDc[ 編集]
仏雑誌調べ・アニメ人気投票~2005/2006~
以前の書き込みで触れさせて頂いた、
仏雑誌調べの人気投票の最新版が公開されましたので
ご報告に参りました。
この最新版の
【●期待の注目作品(仏での放映・販売が待たれている作品)】の
2位にハーデス十二宮編がランクインしていますが、
冥界編は見当りません。
ヨーロッパの『聖闘士星矢』ファンにも
日本での冥界編以降への反発や評判が届いているようですが、
しかしこの結果を、
日本の多くのファンと同じ気持ちと取っても良いのか、
まずはハーデス十二宮編からとの考えからだからなのか、
5位以下も発表されていたらランクインしていたのか、
どのように捉えるのが正解かは分かりません。

この他の部門にも『星矢』はランクインしています。
下の【URL】にアドレスを入れておきますので、
ご覧になってみて下さい。
そのページでは過去の投票結果のページもリンクされていますが、
どの投票結果にも『星矢』はランクインしてますよ。


今の所私としてはこれと言った変化の無い『星矢』事情ですが、
実は、とある所のDVDランキングの表示の仕方に
大変化があったのですが、そのことに関しては、
数ヵ月後になるであろう書き込み時に触れさせて頂きます。

では、またこちらの掲示板に参加出来たら嬉しいです。
2006/12/05(火) 12:19:28 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
今後の書き込みの意思表示として
久し振りにお邪魔させて頂きます。
冥界編後章1巻が発売され、
初動の結果がネットや雑誌で発表されました。
本当は前章の時のように全巻発売されてから
書き込ませて頂こうかと思ったのですが、
オリジナルキャスト・スタッフ派ですと、私も含め皆さんも、
今の時点で頻繁に書き込むことなど無い状況を考え、
書き込みの意思表示をさせて頂こうと、こちらに参りました。

後章の全3巻発売後のオリコンデータ等の最終結果を
書き込ませて頂ければと思って居りまして、
今の所の予定としては、
最終巻のデータが掲載された雑誌の次の号発売以降にと
考えているので、4月の中頃以降になりそうです。

それと、今回の後章のデータ集めに際しては
前回よりも独自収集率を強化しているのですが、
アニメDVDのランキング・売り上げに関して
活発に話されている方々でも、
『星矢』に関しての興味は殆んど示してらっしゃらない現状でした。
これから先、
10年20年と時代の主流となる作品の主力購買層の年代には
あまり関心を持たれていないような印象を受けました。
やはりこの作品は、かつてのファンが購買層であることに
未だ変わりが無いのだなぁと思いました。


所で、以前に冥界編前章の3巻の初動枚数が不明だった為、
予測枚数しか書き込め無かったのですが、
データが判明致しましたので、お知らせして置きますね。

冥界編前章3巻のオリコンでの初動枚数は、6,031枚 でした。
 #【不評・冥界編前章】のページにもコメント書き込みして置きます


新キャスト版ゲームの結果も、
ゲーム雑誌発表の初動枚数は把握致しましたので、それも含め、
次回は4月の中頃以降にお邪魔させて頂ければと思います。
2007/02/20(火) 14:57:36 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
『星矢』新旧体制売り上げ比較最終報告と、鈴置さん情報。
前回の書き込みで宣言をさせて頂いていた通り、
最終結果の書き込みに参りました。オリコンの初動結果と、
TBS『ランク王国』のOVAランキングの報告と、
ゲームの順位と本数です。まずはオリコンの結果からです。


◆オリコンDVD週間ランキング初動の結果◆
2007/2/12付◆冥界編後章 1巻 総合 15位・アニメ 7位  4,970枚
2007/3/12付◆冥界編後章 2巻 総合 25位・アニメ 10位 4,838枚
2007/4/09付◆冥界編後章 3巻 総合 28位・アニメ 7位  4,904枚

ちなみに前回の冥界編前章の結果も再度書き込んで置きますね。

  冥界編前章 1巻 総合 20位 7,390枚
  冥界編前章 2巻 総合 28位 5,665枚
  冥界編前章 3巻 総合 31位 6,031枚

前章と比べ売り上げ枚数が落ち込んでいますが、
前回より購入者が固定されていたとも言えますかね。

オリジナルキャスト・スタッフによるハーデス十二宮編時には
オリコンデータを収集していなかったので、
比較出来ないのが残念なのですが、
唯一最終巻のデータを発見出来たので書き込んで置きます。
2003年 8月付のデータです。

 ハーデス十二宮編 7巻 総合 7位 11,203枚

本当に今とは段違いですね…。


そして、TBS『ランク王国』の月間OVAランキングですが、
去年の書き込みで以下のように発言させて頂いていたのですが、

 > とある所のDVDランキングの表示の仕方に
 > 大変化があったのですが

それは、この『ランク王国』でのことだったのです。
前章3巻がランクインしたデータの放映日から2ヶ月後に、
順位のみの表示で、販売数が表示されなくなってしまったのです。
ここで発表されるアニメイトランキングは、
各作品の濃いアニメファンの人気度がシビアに伺えて
興味深かったので、単純にガッカリしていました。
販売数表示ありの最後の放映日には、
販売数が「2」となっていた作品があったんですよ。
その作品はナレーションでは人気作品と言っていましたけど。

『星矢』の新旧販売数の比較が出来なくなり残念でしたが、
順位の比較くらいは出来ますし、
枚数はオリコンデータのみで仕方が無いか…と思っていたら、

2/17のOVA売り上げTOP10 1月分
3/24のOVA売り上げTOP10 2月分
4/21のOVA売り上げTOP10 3月分

すべてにランクインしなかったのです。
とうとうこんな事態になってしまったのだなぁと思っていたら、
よく表示を見ると、以前とは違い、
このすべてのデータはアニメイトのランキングでは無く、
『コミックとらのあな』のデータなんですね。
アニメイトと違い、ここのデータはよりマニアックなデータとなるようで、
よくよく調べ直してみたら、冥界編後章だけで無く、
冥界編後章の倍の売り上げの
『テニプリ』のOVAがランクインして来ないデータでした。
あまり参考にはならないかも知れませんが、
同時期発売の『マリア様がみてる』のOVAが1・3月とも
上位にランクインしていまして、
オリコンでは通常版と初回版の合計初動枚数が
どれも冥界編後章を上回る枚数でした。
この『マリア様がみてる』もTVアニメ化当初の勢いは無いようですが、
今の『星矢』には勝ててしまうと言うことでしょうか。

以前、以下の通販サイトのハーデス十二宮編5巻の
ランキングデータを書き込ませて頂いたのですが、

【PlayStation.comオリジナルランキング
 映像ソフト予約/販売】
 http://www.jp.playstation.com/shopping/video/ranking.html

冥界編後章発売後にチェックしてみましたら、
こちらのサイトでは、冥界編後章は取り扱っていないようで、
サイト内検索をしてみた所、一切ヒットしませんでした。
 #書き込み前に再度確認した所
 #DVDの取り扱いは在庫限りで終了のサイトとなったようです

そして、今回セルDVDだけで無く、
レンタルDVDのTSUTAYAのデータもチェックしてみましたが、
こちらのアニメ部門ベスト20表示でもランクインしていませんでした。


◆新キャストによるゲーム版の売り上げ結果◆

前回のオリジナルキャスト版の初動は8万本ぐらいだったらしいです。
トータルでは15万本とのことです。

今回の07/02/01発売の新キャスト版は、
本数は初動しか分かりませんが、
順位のみの所と、初動込みの所と、
データが一箇所だけにならないようにしました。


 電撃オンライン:週間ソフト売り上げランキング ※ベスト50表示
 http://www.dengekionline.com/soft/ranking.html

 ■集計期間:2007年1月29日~2月4日
 18位 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編 

 ■集計期間:2007年2月5日~2月11日
 44位 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編


 ファミ通.com
 【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】
  集計期間:2007年1月29日~2007年2月4日
 http://www.famitsu.com/game/news/2007/02/07/103,1170827369,66768,0,0.html

 14位 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編
     推定週間販売本数/推定累計販売本数 20745本/20745本

今現在は10位までしか確認出来なくなっていますが、
上に書き込んだデータは当時は確認出来ました。

ちなみに、ファミ通のデータはオリコンでも採用されていました。
ORICON STYLE ランキング
ゲームランキング 週間ゲームソフトランキングTOP20
http://www.oricon.co.jp/rank/gm/w/


以上で冥界編後章以降の売り上げ結果報告のすべてです。
ハーデス十二宮編の時のように、
黄金聖闘士メインの総集編DVDなどは発売しないと思うので、
売り上げ比較の書き込みはこれで最後になりそうです。



DVDにしてもゲームにしても、新体制後の結果は、
旧体制に比べどれも著しいものが無いように思えますが、
例えばDVDは上を見るとキリが無いけれども、
 #この場合の上とはハーデス十二宮編や
 #他の売り上げ上位作品のことです
同じ位置や下を見れば、コストさえ掛けなければ、
まあそれなりのヒットと言えなくも無いのでしょう。
他作品でもよく言われているのは、DVDの売り上げよりも、
関連商品の売り上げが結構重要視されるようで、
『星矢』の場合、
フィギュアやその他の商品も今回出回っていたらしいですが、
その中で聖闘士聖衣神話は今も評価も売り上げも高いようで、
3月3日の『ランク王国』での、
【ロボット&キャラクター系 アクションフィギュア TOP10】にて、
2位に、聖闘士聖衣神話 グリフォンミーノス がランクインしてました。
こう言った商品は
DVD発売に関連して商品化されているようですので、
今の体制ではフィギュアが売れることのほうが重要なのですかね…、
寂しい限りです……。

多くのファンの方たちにとっては、
肝心のアニメ本編の出来が重要だと思うのですが、
スカパーのPPVやDVD等でご覧になった方達の感想だと、
評判はあまり宜しくないようでした。
前回の冥界編前章よりは作画は改善されたようですが、
演出面への不満も多いようです。
スタッフが新しく代わった良さなど無かったようで、
多くの方が期待していた黄金聖闘士の嘆きの壁のシーンも
ガッカリした方達がとても多かったです。
キャラクター人気は黄金聖闘士のほうが上
と言われ続けて来た『星矢』ですが、
その黄金聖闘士の活躍も今回が最後ですし、
続編を今の体制で作ったとしても、
今回以下の売り上げになるのでしょうね…。


今の私の考えは、残されたかつての原作エピソードだけは、
オリジナルキャスト・スタッフで映像化してくれるのであれば、
今もまだ購入するつもりはある、と言う気持ちで居ます。
その為にも欠けては成らない、大事な大事な一翼のお1人であった
鈴置さんが亡くなられてしまったことは、
本当に悔やまれて成りません……。
今度アフレコをされる時は、
二日連続舞台公演後にアフレコ日が重なったりせず、
コンディションも万全で日程も恵まれる幸運のもと、
収録に望んで下さることを願っていましたが、
残念ながら鈴置さんはもう居ないのだけれど、
しかし、ハーデス十二宮編の時のムウのように、
イメージの合うキャスティングが可能かも知れない、
鈴置さんの紫龍を受け継いで下さったと感じられる方に
演じて頂けるかも知れない、
その可能性がまだ残されているのであれば…、

「ハーデス十二宮編の頃は良かったね……」
では無く、
「こんな最後が迎えられて本当に幸せだねっ!!!」
と言える、
多くのファンが幸せになれる決断を、
制作側の方達にはして頂きたいです。多くは望みません。
残されたかつての原作エピソードだけでいいです。
それ以降はどうぞ今の新体制に戻して頂いても私は結構です。
もちろん新体制に戻ったあとの作品は購入しませんが…。
かつて思い描いたアニメ化の希望を叶えて頂きたいだけです。
もう一度、再考して頂ければ幸福に思います。



◆鈴置さんの生前のお仕事の声◆

鈴置さんが亡くなられる前にこなされたお仕事が幾つかありますが、
これは遺作ではないけれど、
直前になさっていたお仕事の一つに、
PS2 『るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 炎上!京都輪廻』がありますが、
実はこの公式サイトでは、鈴置さんの声が幾つも聞けるんです。
TOPのmeinページでは計4名の声が聞けるのですが、
その内の1人、斉藤一が鈴置さんなので、
最初聞けなくても何回か更新すれば聞けますよ。
その他の各ページでも音声が豊富に聞けるので、
鈴置さんの声が幾つかありますので確認してみて下さい。
パソコン・ネット環境によっては、
最初音声が綺麗に聞こえ無いことがあるかも知れませんが、
一度最後まで読み込んでしまえばスムーズに聞けますよ。

TOP右下には、鈴置さんの訃報への弔文も添えられています。

上にご紹介した公式サイトのURLです↓
 http://www.banpresto-game.com/rurouni/


管理人さんへ

当初、今回の売上データの書き込みを、
【不評・冥界編前章】のページか、
こちらのページにするか悩んだのですが、
あちらは「冥界編前章」と書かれていることもあり、
やはりこちらのほうで書き込ませて頂きました。
すべての書き込みの経緯が1ページで確認出来るのも
いいことかなと思いまして。


それでは失礼させて頂きます。
この書き込みデータが、どなたかのお役に立つことを祈って…。
2007/04/22(日) 09:26:00 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
鈴置さんが亡くなられてもう一年以上たってしまいましたね、来年の3月にエリシオン編がアニマックスPPVで放映されると言う情報がありました、が公式サイトには全くキャスト、スタッフの情報がありません、製作側がファンの反発を受けてまだ健在の古谷さん達5人に戻してくれたのか、それとも冥界編製作時の新声優、スタッフのままなのか、まるで分かりません、未だに新しい情報がありませんので、管理人さんも仰るようにこのサイトは継続し続けるのが得策かと。
2007/11/30(金) 18:01:28 | URL | 浅葉義行 #-[ 編集]
新作放映販売決定ですか…
>浅葉義行さん

初めまして、りつ と申しますm(_ _)m。

不買対象商品候補の書き込みも拝見致しました。
個人的なことですが、こちらのブログサイトでの書き込み活動を含め、
私に出来ることはすべてやりきった気持ちになれ、
あとは事の成り行きを静かに見守っている心境であったため、
最近は『星矢』関連のファンサイトすら閲覧させて頂くことも無く、
殆ど情報を見聞きする機会が無かったので、
そんな発表がされていることを知りませんでした。
書き込んで頂いたお蔭で知ることが出来ました。
ありがとうございますm(_ _)m。

そうですか…現体制のままでまた制作されるんですね…。
私の印象ですが、今の新生『星矢』プロジェクトは、
かつてのようなDVD売り上げは目標では無いのでしょうね…。
今のプロジェクトの中で良い結果となっているのは
売上データからするとフィギュアだけのような気がするのですが、
ひょっとして、
新作のアニメが制作されることで
新しいフィギュアが制作・販売される流れのようですから、
そこのスポンサードを得ることで、
現体制での制作が保障されていると言うことなのだろうか?、
との印象があります。
もう以前のように、
DVDの売り上げが上がるようにファンが支援しなくても
制作が決定される体制となっているのはそう言う理由なのかなと…。
だとしたら悲しいなと思います……。



実は予定では、
12月の上旬頃に書き込ませて頂こうかなと思って居りました。
以前にもデータを書き込ませて頂いた、
仏雑誌調べのアニメ人気投票の今年の結果が、
11月下旬から12月上旬頃までに発表されるはずだと思っていたら、
今日現在、一向に発表されていないんです。
2003年から2006年まで発表されて来たものですし、
今年に入って更新されていないサイトでは無いんですけど、
もしかしたら去年が最後で今後は更新され無いのかも知れませんし、
この書き込み以降に更新されるのかも知れませんが、
ヨーロッパの方達が、
今も『聖闘士星矢』に引き続き強い関心を寄せているのか、
それは、ハーデス十二宮編だけなのか、
冥界編も共になのかが知りたかったのですが、
もうそれを知る事は出来なくなってしまったのかも知れません。
定かではありませんが。

私が最近偶然目にした『星矢』関連の情報をご紹介して置きます。

【株式・為替・投資情報ポータルサイト[株式新聞]
 東映アニメが年初来安値、パッケージソフト部門が伸びず、中間期は大幅減益】
 http://www.kabushiki.co.jp/single/kshp041-02.jspx?id=000116802269323FD5066405D3003C3F

この記事によると、版権事業が海外では、

 > 欧州で「ドラゴンボール」、
 > アジアで「聖闘士星矢」「プリキュアシリーズ」などが好調。

とのことです。
でもこれは、旧TVシリーズも込みなのではと思いますけれど。

あと、こちらも偶然新作の告知ポスターらしき画像を見掛けました。
それによると、
冥王ハーデスシリーズは今回で完結だと書かれていました。
告知用の絵は綺麗な絵ですけど、
でも、私にとっては喜ぶことが出来ず、
目にすると悲しい思いが込み上げて来ます…。
私にとっては
彼らの姿とオリジナルキャストの声は切り離せないものなので、
この完結編だけでも、
今現在可能な限りのオリジナルキャストと、
集まって頂けるオリジナルスタッフの方達によって、
是非完結して頂きたかったです。悲しいですね……。

主要キャラの紫龍の声を担当されていた
鈴置さんが亡くなられてもう一年以上が経ってしまいましたが、
私は今も、鈴置さんに似た声の方をCMや番組ナレーションや
アニメ番組などで耳にすると、ついつい、
その方のお名前を調べてしまっています。
……そんな私が居ました。
どのくらい似ていらっしゃるのか聴き込んでみたりして…。
出来れば、面影を感じるような、
そんな似た声の方に紫龍の声を担当して頂いて、
幸せな完結を迎えられたら良かったのにな…と思っていました。
それすらも不可能なものとなってしまいましたね…残念です………。



>管理人さんへ

多くの皆さんの願いが届かず、こんな事態になってしまいましたが、
こちらが存続し続けていて下さることには
意味があるのではと思います。
私も発言することは無くとも、時折こちらは拝見させて頂いています。

そして、こちらのブログサイトが、
どなたかの唯一の発言場所にもなるかも知れませんし、
出来ることなら、今後この完結編のDVDが発売完了後も
暫くは継続して頂ければ嬉しく思います。
勝手なお願いかも知れませんが、
ご検討の程宜しくお願いしますm(_ _)m。

それでは、失礼致しますm(_ _)m。
2007/12/19(水) 02:20:52 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
商標権
りつさん、お久しぶりです。

>新作のアニメが制作されることで
>新しいフィギュアが制作・販売される流れのようですから、
>そこのスポンサードを得ることで、
>現体制での制作が保障されていると言うことなのだろうか?

「聖闘士星矢」の商標権は東映アニメーション株式会社が保持しています。

東映と原作者が決裂して、原作者が東映から商標管理を取り返して
独自の「星矢」キャラビジネスを始めたりしない限り、「星矢」グッズからの収入の何パーセントかは東映のものになります。

しかし、再アニメ化の際に東映側がどうしても原作者の意見をいれず、アニメ製作が難航したら、原作者側が
「東映が商標権を抑えたまま、不当な理由でビジネス展開を阻害している。東映に商標権を保持する資格無し」
と申し立てて、商標権を取り返す口実にすることも理論的には可能です。

ちなみに、
「リングにかけろ」の商標保持者は「株式会社集英社」
「ビートエックス」の商標保持者は「株式会社角川グループホールディングス」

東映としては、今更危ない橋を渡るよりは、原作者となぁなぁでキャラグッズで堅実に稼ぐ方を選んだのでしょうね。
低予算のDVDは初めから商標権保持の為のアリバイのつもりで、「作品」ではないのでしょう。

悲しいね。

無法な声優降ろしに対するファンの抗議活動では、
映画版「ザ・シンプソンズ」声優変更を考える会
http://d.hatena.ne.jp/SERIZO/
が一定の成果をあげています。ご参考に。
2007/12/19(水) 20:59:13 | URL | VicIsono #y.kSEXFg[ 編集]
そんなことがあったんですね
>VicIsonoさん

こちらこそお久し振りです。
うーん…私の勘ぐってしまったことは
強ち間違いでは無いのかも知れませんね、悲しいですね…。

そして、映画の『ザ・シンプソンズ』のことは、
キャストが変わっていることを知った時、
嘆いていらっしゃる方達が必ず居るだろうなと思って居りました…。

ご紹介して頂いたページを読み、
とても素敵だなって思い、幸せな気持ちにもなり、
良かったですねって心から思い涙が込み上げた私です。
大平透さんからファンの方達へのお言葉や思いも素敵ですね。
希望したこととは少し違ってしまったかも知れませんが、
TV版のオリジナルキャストによるDVD化は
とっても素敵なことなのではと思います…。
ファンの皆様には、
おめでとうございます、と言葉を贈りたい気持ちです。

でも、映画館で聴くことは出来なくても、
DVDでいつもの彼らと会うことが出来るなんて、
そんな決断をして下さったのは、とても羨ましいですね。
『星矢』もそのような判断をして頂けないものだろうか…。
現体制のものを総集編のようなものにして、
オリジナルキャストで以前のスタッフの方の編集・演出による、
多くの皆さんが見たかったものに近い、
完結編特別DVDという形で出す判断をして下さるのなら、
私は購入したいと思うのですけれど…。
一生の宝とすることが出来るのに…。
せめて、そんな形でも希望が叶うことは無いのかな……。

一体何が最後の壁となっているのでしょう…
幾つの山を越えれば辿り着くことが出来たのでしょうか…
本当の理由や真実は問わないから、
せめてこの願いが叶うならどんなにいいか…
もしそうなったら、こんなに幸せなことは無いのになって想います…。

今回はレスをして頂き、ありがとうございましたm(_ _)m。

 ※一部編集追加しました
2007/12/20(木) 01:03:05 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
不買運動だけで無く永久欠番に追い込む運動を実施いたしませんか?
皆様コメント有難う御座います、冥界編以降の星矢関連商品並びに車田作品を不買すると言う事で管理人さんがこのサイトを立ち上げたと聞いています、鈴置さんがなくなられてしまいもうオリジナルキャストでの冥界編、エリシオン編が実現出来なくなり不買の意味も無くなってしまったかもしれませんが不買から永久欠番に追い込むサイトに切り替えは出来ないでしょうか?かつてウルトラセブンの第12話が1970年時に被爆者団体から抗議運動を起こされ製作側に永久欠番にしますと宣言させたぐらいですから中途半端に鈴置さんの代役を起用して生き残った古谷さん達5人のオリジナルキャストで冥界編、エリシオン編を製作して欲しくないと訴えるファンもいますので未完の名作のまま、製作側に永久欠番にしますと宣言させるまでこのサイトを継続していきましょう。
2007/12/22(土) 14:32:01 | URL | 浅葉義行 #-[ 編集]
私にはその気持ちはありません
>浅葉義行さん

浅葉さんのお気持ちも、
そのように仰る方のお気持ちも理解出来ますが、
私はそのような気持ちにはなっていません。
元々、キャスト・スタッフ変更が分かってからの私の考えは、
昔の週間少年ジャンプで連載し完結したあの当時のエピソードだけは
TV放映時からのキャストとスタッフの方達でと、
集まって頂ける限りのオリジナルの制作陣で制作して頂ければ、
あとは何も言うつもりは無いと言う気持ちでした。
それ以降は私が大好きだった
想い入れのある『星矢』では無いと思えますし、それでいいと。

そして、
実際ほかのマンガの例を聞いても言える事ですが、
今更ながらの連載スタートが、
必ずしもストーリーの質や絵の質が
鑑賞に堪え得る出来とは言えない作品もありますし、
現在の氏の作品のクオリティがどうのこうのは別にして、
その新しいお話しを元にしたアニメが作られた所で
それは私にとっては
想い入れある『星矢』作品には思えないだろうなと思っています。

肝心の氏の現在の『聖闘士星矢』の連載は
不定期になったと聞いた以降、一切調べる事もしていない私には
今現在がどうなのかすら知りませんし、
知らなくてもいい事となってしまいました…。

今後の新しい『聖闘士星矢』関連商品を購入する気持ちは
まったく無いですし、
私の中では永久に購入する事の無い作品タイトルとなっています。
でも、同じアニメ関連の不買をしている人でも、
アニメは見れなくなったけれど
マンガは読める人は居ますし、
しかし私にはもう氏の描くマンガの『星矢』も
別の人が描くマンガの『星矢』でも
購入する事も読むことも嫌だし出来なくなってしまいましたので、
今もすべてが不買の対象となっている側の人間です。
しかし、
アニメとマンガは別にして見られる人も居れば、
私のように何もかも購入する気持ちになれなくなった人も居る、
でも、そんな私でも、
かつてカセットコミックシリーズで発売したものがCD化して
発売されるのなら、今でも購入したい気持ちで居ます。
素晴らしいオリジナルキャストの演技で聴くことの出来る
商品となるからです。

それぞれの意見を突き詰めて集約すると願いは一つとなっても、
作品への接し方が分かれてしまっていますので、
それを統一するのは難しいことかと思いますし、
この不買運動への関心が最も高かった時でさえ
意見が分かれていた印象でした。
新作のDVDがフィギュアの為の販促商品になってしまうのは
嫌だと仰っている人も居れば、
新しいフィギュアが出るのならやっぱり買いたいと言う人も居て、
でもそれぞれが
以前の制作体制に戻って欲しいとの意見は一緒だったりしました。
多くの関心を集めていた時点でも
完全に意見を統一するのは不可能だったと思っています。

権利を持っている人達がそれによって利益を得ることが出来るのは
購入する人達が居るからで、それは日本国内だけではなくて、
海外にも購入対象者は居て、
その海外で利益を得ることに切り替えることも出来そうですし、
今の『星矢』は残念ですが『シンプソンズ』とは事情が違い、
各メディアで取り上げて頂くことも難しい現状を考えると、
それをやめて頂くことはやはり不可能で…。

ですが、新たにそのようなサイトを立ち上げる方が居ても
いいかも知れませんが、
こちらのサイトは今のままで充分意義はあると思っています。
今の形で存続して頂いている中で、
浅葉さんのように
新たに書き込んで下さる方もいらして下さいましたし、
私は今のままで良いのではと思います。
今の制作体制では
私には何一つ購入する事の出来ない商品ばかりですが、
そんな中でも、
多くの人が購入出来る望まれる商品が発売されるなら、
その時は、
不買の決意を一時ではあれど解きたいと思っています……。
それが私の気持ちです。

『シンプソンズ』の変更問題を考える会の方達は、
20世紀FOXとの話し合いの場を持つ事が出来、
以下のように伝えたのだそうです。

 > 「私達ファンはシンプソンズに対して
 > フーリガンでなくサポーターになりたい」と気持ちを伝えました。

私達『聖闘士星矢』ファンもそうあり続けることが出来たら
どんなに幸せだっただろうと思いました……。
もう一度、
あと数年だけでも良かったのに、との個人的な想いもよぎります。

私は敢えてサイトの趣旨が変わらなくても
気持ちは永久に変わらないです。
その意味では、
浅葉さんの仰ることと気持ちは一緒なのではないかなと。
今のままでは
私にとっては永久に続編の無い未完の名作のままですから。

それでは、失礼しますね。
2007/12/23(日) 03:01:55 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
どんな思いをもっていても冥界編の声優交代は私達ファン以上に嘆いていらっしゃるのは亡くなられた東映アニメーションの籏野義文プロデューサーだと思います、この方の生前の努力を思いますと今の現状は籏野さんも望んではいなかったと、籏野さんの遺志を受け継いでいた星矢アニメは天界編までだと思います、天界編は原作者のみならずファンからも失敗作と言われていますが、私最近1989年の3月に放映されたTVスペシャルのウルトラマンを作った男達をDVDで見まして、ドラマの主役の三上博史演ずる吉良平治が円谷プロにてウルトラマンの演出をする際ウルトラマンには色々なバリエーションがあってもいいじゃないですか!プロデューサー、本編スタッフ、特撮班から誹謗中傷を受けながらも自身の信念を貫き視聴者である子供達から絶大な支持を集める演出を産み出していった、円谷英二からも自身の信念を貫き通した事を褒められると言う内容でしたが私は星矢にも言えるんじゃないかと思いました、改めてハーデス十二宮編、天界編序奏を見ましたが山内監督と古谷さん達オリジナルキャストのこだわりが伝わって来ましたね、天界編が失敗であってもいい物を作ろうとスタッフが試行錯誤した故の結果ですから目をつぶっていてもいいのではないかと、車田氏が牛耳る様になった冥界編はスタッフのこだわりが全く感じられなかったです、おそらく今年の3月から8月にかけてPPVで放送並びにDVDがセル・レンタルされるエリシオン編にもそのこだわりが全く無い作品になっていると思います、私達の願いはもう一度冥界編、エリシオン編を生き残った古谷さん達オリジナルキャストとハーデス十二宮編の山内監督率いる旧体制スタッフで新たに白紙の状態から作り直して欲しいと言うことですよね、鈴置さんの代役は私なりに出来そうな声優さんをリストアップしましたが井上和彦さん、大滝進矢さん、山寺宏一さん、辺りですね、TVシリーズ放映当時超音戦士ボーグマンと言う日本テレビで放映された葦プロ製作のアニメがあるんですけど、私ファンです、かつてLD全て揃えました、DVDが出たら購入しようと思ってます、ボーグマンを見まして声質は180℃違えど演技力でカバー出来る、そう言う確信が持てました、井上さんは主役の一人のチャック・スウェーガーを演じていましたが井上さんが急病で倒れ3回だけ大滝さんがチャックを演じまして声質は180℃違うのに駄目だと思わせなかった、見事井上さんの代役を勤めましたと言える物でした、今の若手声優では演技力がまるで出来ていません、80年代から声優と言う仕事を長く続けている人こそ鈴置さんの代役が出来るのではないかと確信しています、早く私達ファンの願いが実現出来るといいですね、天界編は続編製作をしなくてもいいかと思います、鈴置さんがもういないので無理ですよね、ですが残された原作の冥界編、エリシオン編は亡くなられた籏野さんを含めたアニメ星矢を育てたスタッフ・キャストの為にも完結させなければならないと思いますので、
2008/01/03(木) 20:03:21 | URL | 浅葉義行 #-[ 編集]
少し前向きに考えを述べてみます・その1
前回の書き込みは続編であり原作エピソードの最終章の
現体制でのアニメ化の報に少なからずダメージを受けての
後ろ向きな意見を述べてしまったので、
少し前向きな提案を書き込んでみようと思います。
私の中の微かな希望を搾り出し何とか文章にしてみようと思います。
話しの内容が分かりやすいように
途中区切りの部分に見出しを付けましたので、
部分的に読むか読まないかの判断もしやすくしました。
今回いつもよりも長文となるので、
分割して書き込ませて頂きます。
皆様にお読み頂けたら幸いですm(_ _)m。


私としても本来は冥界編からエリシオン編までを、
集められる限りのオリジナルスタッフにもう一度集まって頂いて
一から作り直して頂けたらどれだけ良いかと思います。
 #ハーデス十二宮編時に集まって頂けなかった
 #TVシリーズ時の方にも出来る限り
しかし現実には、それをする気にはなって頂けないでしょうし、
それを制作する事には反対に回る方達がいらっしゃるでしょうから、
全編完全新作は難しいと思ったので、
やはり総集編スタイルを基本とせざるを得ないと思うんですが、
そうすると、
作画面での質低下が著しかった冥界編前章の映像が
使用される訳ですが、
私も現在の冥界編の映像を目にするのは
複雑な気持ちに襲われるので出来れば避けたい気持ちが強いです。
でも、総集編スタイルを基本としつつも、
その時には監督の山内さんによる
新たなバトルシーンの新作カット追加とか、
監督が変わることによる演出の違いが出る部分や
ストーリー展開やセリフ回しなども含めて
多少の新作カットはやはり欲しいと思いますし、
それが売りにもなると思うので、
部分的にでも新たに映像を制作して頂けないものかと。
特に山内さんによるアクション演出ともなれば、
荒木さんもいつも以上に気合が入った仕事をして頂けるでしょうし、
このハーデス十二宮編の仕事をするまでは、荒木さんいわく、

 > 今回の『星矢』をやるまでは、半ば引退していたようなもの

で、ハーデス十二宮編で、

 > 他の人が描いたものを見ているうちにやる気に火がついた

のだと仰っている荒木さんですし、
その時の気持ちでやって頂けるのではと。
何より山内さんのアクションの絵コンテとは
ほかの演出の方のコンテよりも相性が合うのだそうです。
詳細は下記のページをお読み頂きたいのですが、

 【WEBアニメスタイル_アニメの作画を語ろう
  荒木伸吾さんに聞く 新生『聖闘士星矢』
  文/小黒祐一郎 (04.04.12) 】
 http://www.style.fm/as/01_talk/araki01.shtml

 > 荒木さんと山内さんのコンビが、
 > 『星矢』独特のアクションを完成させた。

と言われる、あの、アニメ『星矢』独特のアクションを
思いっきり魅せて頂きたいです。
ハーデス十二宮編は何かと消化不良な点や
アニメ化の際のストーリー展開などの変更に関しても
色々な意見が述べられてもいますが、
 #そのほかにも天界編序奏や冥界編に至るまで
 #それぞれに改善点が挙げられていることも知っています
この際、そう言った部分には、
色々推察されることを考えてもそれらには多少目を瞑ることで、
希望が叶う可能性が少なからず生まれるかも知れない…。
もし叶うなら、せめて、
かつて多くのファンを惹き付けた、
あの頃の『星矢』アクションが展開される場面をセリフ込みで
新作カットで蘇えらせて頂けたらなと。
やはり、
声の俳優である確かな表現力の演者さん達の声で、
アニメ『聖闘士星矢』の完結編が観たいと思うのです。

そして出来れば、短い分数では無く、ある程度長めで、
2枚組か或いは前後編で出して頂けたりすればとても嬉しいです。
2008/01/09(水) 08:34:19 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
少し前向きに考えを述べてみます・その2
◆鈴置さんを思わせる声の方達・その1◆

総集編スタイル新作カット挿入版の制作や、
多くの方が一番喜ぶ形の制作がもし実現されたとしたら、
鈴置さんの紫龍を引き継がれる方が必要になりますが、
私にとっても、
鈴置さんの紫龍が一番であることは永遠に変わりませんが、
その鈴置さんが亡くなられ、悲しみを引きずってしまいつつも、
鈴置さんに似た声の方を探している自分が居ました…。
そんな日々を送る中で、何名かの方々にその可能性をみました。

今までは、
こちらの掲示板で具体的な声優名を挙げることは避けて来ました。
それぞれに印象と言うのは違うものですし、
やはり鈴置さん以外には考えられないと
鈴置さんへの強い想い入れを持つ方の
そのお気持ちも良く理解出来ますし、
私もその想いは本当は変わらないものですし…。
でも、一度だけ、
未来を今だけでも信じて、
今回は考え方を少し変えてその話題に自ら触れることに決めました。
これから下記に挙げる声優の方々は、
あくまで私の聴いた範囲でそのように思った方々です。
印象の違いを感じることは御ありかと思いますが、
個人の意見と言うことで、ご了承頂けたらと思いますm(_ _)m。

耳にした順にそれぞれの方の声の印象などを書き込ませて頂きます。

まず一人目の方は、東地宏樹さんです。
この方は鈴置さんが亡くなられたあとにTVCMで聴いた時に、
声の雰囲気が少し似ているなと思った方です。
その時はお名前が分からなかったのですが、
根気よく検索で調べ続け知ることが出来ました。
世間一般的には
海外ドラマの『プ○ズン・ブレイク』の主演の声を担当されていますし、
洋画の主人公の吹き替えも担当されている方でもありますから、
その時の声を知っていらっしゃる方も多いかも知れませんが、
私は海外ドラマの役の時の声をあとから聴きましたが
その時の声は似ていなくて、
第○生命の モーツァルト特別TVCMで聴いた声が
優しい声の時の鈴置さんを思わせて雰囲気が少し似ていたんです。
このCM自体も出来が良く評判が良いみたいでした。
サンプルとして、
第○生命公式サイトの映像ファイルのURLを貼り付けます。

 http://event.dai-ichi-life.co.jp/movies/cm200610a.wmv
 http://event.dai-ichi-life.co.jp/movies/cm200610b.wmv
 http://event.dai-ichi-life.co.jp/movies/cm200610c.wmv

それと、
アニメでのお仕事の声の雰囲気のサンプルになるものを下記に。
『精霊○守り人』でこの回だけ声をあててらっしゃるんですが、
こちらの時のほうがより似た雰囲気に聴こえるかも知れません。
アニメ『星矢』の世界で何かしらの役で声をあててらしても
違和感は無いかもと思いました。


精霊の守り人 第21話 vostfr partie 1
http://www.dailymotion.com/related/7819423/video/x3c8xd_seirei-no-moribito-21-vostfr-partie
 ※6分50秒以降から聴くことが出来ます

一部修正しました
2008/01/09(水) 08:46:16 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
少し前向きに考えを述べてみます・その3
◆鈴置さんを思わせる声の方達・その2◆

そして二人目の方は、成田剣さんです。
各所掲示板でも声の似ている方として一番多くお見掛けした方で、
硬派な声の鈴置さんを思わせる方だと思いました。
『コー○ギアス』でジェレミアの声を担当されていて、
下記に貼り付けたものは『コー○ギアス』のMADものです。
上が硬派な声で、
下のものが少し正統硬派から外れた声も含むものとなっています。

 http://www.youtube.com/watch?v=bKcg_8i0bsQ
 ※このMADの 2分11秒~2分48秒あたりが該当部分です

 http://www.youtube.com/watch?v=-8etYvaPeUo
 ※15秒以降から聴くことが出来ます


そして三人目の方は、中村悠一さんです。
現在放映中の『ガン○ム00』で
担当している役 グラハム・エーカーの声を聴く機会がありまして、
その時に似た声の雰囲気があるなと思いました。
この方はお若い方ですが、セリフを叫ぶ時の声は
発声の確かさを感じる声にブレの無い発し方をされています。

刹那 vs グラハム
http://jp.youtube.com/watch?v=qtGxJaklQSY&feature=related
 ※26秒あたりからが該当する声です

デュナメス VS カスタムフラッグ
http://jp.youtube.com/watch?v=8_J5wHXbo5M
 ※叫び声含め発声の確かな方と感じました

一部修正しました



上に挙げた方達は、
声の雰囲気・セリフ回しの発し方が似ていることと、
鈴置さんの紫龍を継承することを心掛けて演じて頂けたら
その期待に応えて下さるかも知れないその可能性を感じたことや、
声の発し方などが確かな方と思えたので、
書き込ませて頂きました。

『聖闘士星矢』と言う作品は必殺技を叫ぶ時の声が
気持ち良く聴こえないとサマにならない作品ですし、
声の良さだけでは誤魔化せない難しい作品ですが、
その点は大丈夫な方々ではないかと思いました。


◆今回の変更問題以降感じた現在の声優界への不安と光明◆

かつてのアナログの時代の
緊張感ある収録現場を知っているベテランの方々には
確かに素晴らしい方が多くいらっしゃいます。
そのことに疑いはありませんし、聴き込むと余計にそう思います。
しかし、今の若手・中堅クラスの方達にも、
比率はかなり下がってしまうかも知れませんが
確かに実力のある方はいらっしゃいます。

しかしながら、今のアフレコ現場のアナログ時代とは違う変容は、
 #こちらでもご紹介されたコラムで語られています
やはり様々に悪影響があるのではと思うのです。
切り貼り演技でそつなくこなすだけの
型に嵌った演技が身に付いてしまい
時折ポロポロとそれが出てしまう弊害も感じます。
作品の対象ファン層の好みの傾向に合わせ
作品別・キャラ別によって受けが良いように演じることが
以前よりも強くなっているように感じ、
媚にも似た演じ分けに聴こえる時があり、
ファンの傾向である<萌え>の種類が多くなり
大っぴらに出来るものがかつてより増え
対象範囲を狭く絞り込んだ商売が成り立つ弊害なのか
演技力不足の印象を聴く側に与えてしまう傾向も
見受けられるのですが、
 #ある種の萌え対象作品やその声優の質を
 #一律に非難したいのでは無く
 #アニメ業界全体を含めての問題と思っています
でも、そんな良くないケースに当て嵌まった声優でも、
対象の違う作品になったり現場の音響監督等によっては
実力を感じる演技をする場合もあり、
迂闊に
一回・一作品・その瞬間その場面だけで判断してしまうのは
その声優の実力の判断を誤ってしまうケースもあるので、
実はかなり難しい場合もあります。

そして、
そう言った判断の難しさが、
新キャストの中にも紛れていることだってあるやも知れません…。
私の場合、若手・中堅には絶対に無理だとか、
ベテランでなければ
絶対に勤まらないと思っている訳ではありませんが、
だからと言って現在の新キャストでも良いと思える訳では無く、
オリジナルキャストの
主要キャスト以外も含めた方達の素晴らしさは、
過去の完全オリジナルキャスト版を聴くと本当に完璧で、
その演者達の総合力を感じる演技力バランスの確かさには、
現在の新キャスト版は中々追い着けないのではと思います……。

今の現状では、
実力派のベテランですら、
求められる作品のファン層の傾向によって演じ方を
悪い意味で変えなくてはならないのだろうかと感じたケースすら
見掛けました。
現在の声優を取り巻くアニメ業界の現状には
危機感を覚えてしまう私が居ます。

実際に聴いていて以前から思っていた私の違和感と不安が、
長年現場に携わって来たスタッフの方のコラムや
中堅声優さんのラジオでのお話しなどを知るにつけ、
より明確になり、
良くない方向の確信を持ってしまうのがとても嫌なんですが、
若手・中堅クラスにも実力のある方は居ると感じますし、
比率は少なくとも実力と個性が伴なう方もいらっしゃる事は確かです。


文中で声のサンプルになるもののURLを入れましたが、
もしこれが問題がある場合、
仰って頂ければ確認次第、編集して修正致します。
2008/01/09(水) 08:58:22 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
少し前向きに考えを述べてみます・その4
◆アニメ『星矢』の今後への希望とその現実◆

もし、総集編スタイルで
新作カットありの制作を決定して頂けたとしても、
フィギュアなどの制作・売り上げの関係無い商品となるでしょうから、
今の、多くのファンが離れてしまった状況では、
スポンサードが計算出来無いリスクがありながらの
制作決定となるでしょうから中々難しいでしょうし、
実際現実は、
私が その1 で述べた程度のことが
実現するのは不可能なのかも知れませんが、
離れてしまったファンの方達に
もう一度期待したいと思う気持ちを呼び起こさせることが出来るのは、
完全に作り直して
キャストも可能な限りのオリジナルキャストで、
ハーデス十二宮・天界編序奏以上のものが出来上がるのではと
思わせて頂けて、
実際に出来上がったものが
近年のアニメ『星矢』の中で最高の出来であれば、
もう一度買いたいと思える方達はまだいらっしゃると思うんです。
だからこそ未だに、かつてのアニメ『星矢』への
思慕の想いを語る人が居るのですから…。

私としては出来れば、
かつての劇場版3作目までのクオリティを
再現して頂きたいのが本音です。
でも、それが今の東映の制作では不可能なら、
せめて天界編序奏を超えるものを作って頂きたいんです…。
作画に限定しても、
今時絵が綺麗で良く動くのが当たり前となりつつある中で、
近年のアニメ『星矢』は
残念ながら上のレベルに入るとは言えない状況です……。
それは、天界編序奏でもそう言えるのではないかと……。
 #荒木さんが上でご紹介したインタビューで
 #このように仰っているのですが
 #
 # > スケジュールを考えれば、よくあそこまで、
 # > みんな頑張ったと思うけれど、
 # > 作っている途中での事は、仕上がりとは関係ないからね。
 # > 劇場でお客さんに見せるものとしては、
 # > もっと作画が頑張るべきだった」。
 #
 #荒木さんがこのように仰られなければならなかった理由は
 #想像されることが含まれた結果だったのだろうと思いますが
 #もし叶うなら今度こそ最高の仕上がりのものをと思うのです

是非もう一度、
クオリティの高い作品を作る志の高さを取り戻して欲しいのです。

でも、天界編序奏を超えるのが、それが出来ないのなら、
せめてハーデス十二宮編の頃のクオリティでと願うのも
大き過ぎる望みとなってしまうのでしょうか…。

TVシリーズの頃から不満点を述べてらっしゃる方も居ますし
それぞれの見方でアニメ『星矢』への評価も様々なものがあります。
ツッコミ所も色々とあるものでしょう。
けれど、
かつてのアニメ『聖闘士星矢』には、
確かに心に届く本物の熱さがあったことは
紛れも無い事実だった筈です…。
原作とアニメのそれぞれ両方に本物が確かに存在していた筈です。

もう一度だけ、夢を見させてはくれませんか、
最後の夢を見届けさせては頂けないのでしょうか…。
この声が、願いが、
決定権を持つ方に届くことはもう二度と無いのでしょうか……。

今でも想いが消えた訳では無いのにと、
この胸に疼く痛みがあります。

奇跡は、起きないのでしょうか………。



>管理人さんへ、皆様へ

かなりの長文となってしまいましたことを、
管理人さん、そしてこちらのページをご覧になっている皆様に
申し訳なく思います…。
それでも尚お読み頂けた方へ感謝の言葉を贈らせて頂きます。

今回、このような内容で書き込むことには、
書き込んでいいものかを悩み、
私なりではありますが<声優>の部分に深く触れた部分や
鈴置さんの紫龍の引き継ぎに関することなども含め、
胃がキリキリとしたり
胸に重いものが伸し掛かる気持ちもあるのですが、
微かな希望を搾り出した結果、
現時点で私にも出来ることがこんなことしか見付からず、
今回の書き込みとなりました…。ご理解頂けたら幸いですm(_ _)m。

では、失礼します。
2008/01/09(水) 09:03:50 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
車田氏は何を考えているのか?
りつさん、色々有難う御座います、3月26日にコロムビアレコードからハーデス編スペシャルアルバムが発売されます、ハーデス十二宮編OP、EDと冥界編OP、EDとエリシオン編EDの5曲と新曲のイメージソング5曲の全10曲構成です、Amazonのコメントでも不満の声が挙がっています、売れないと解っていながらの悪あがきにしか思えません、故・鈴置さんを除く古谷さん達オリジナルキャストに戻そうと、ファンに申し訳ないと言う思いは一欠けらの感じられません、どうすれば車田氏を改め直せるんでしょうかね?
2008/03/19(水) 22:54:06 | URL | ターミネーター #-[ 編集]
CD情報ありがとうございます
>ターミネーターさん

レスと情報をありがとうございますm(_ _)m。

またCDが出るらしいと言うことは私も知っていましたが、
Amazonなどの通販サイトや公式サイトも
今はもう覗かないので詳細は知らず、
ファンの方々のそのCDへの
Amazon等でのコメントにも目を通して居りません。
何故今もかつてほど売れないのにも拘らず発売されるかと言うのは、
多分、今の『星矢』関連は、
その程度でも採算が合うほどに目標等の規模が
縮小されていると言う事なのかも知れませんね、
残念なことですけれど…。
しかし、それでも商売が成り立つのが
アニメ界全体の現状なんでしょうけれども。

それと、氏に考えを改めて貰うと言うのは不可能なのでしょうね……
現在の様子からしてもかなり難しいのだろうなと。
詳しいことは知りませんが、
今のエリシオン編のレコーディングにも
まるで氏が現場に出向いているかのようなコメントを
自身の公式サイトでしていたようなのですが、
その時の氏のコメントによると
今回のED担当者の方を気に入ってらっしゃるようですが、
昔とは入れ込み方が違うようで積極的に係わっている様子が
なんとも微妙な心境になるのですが、
『星矢』の各方面の再始動に関しては
出来ればアニメの『星矢』には積極的になられずに、
マンガの『星矢』のみに心血を注ぎ続けて頂きたかったです…。
せめて、「それくらいならいいよ」 と、
氏に言わせられる知恵のある方が関係者に居て下さると、
完全にすべての望みが叶わなくとも、
なにかしらの変化も起こるかも知れませんが……。

ため息が出て来そうな気持ちになりますが、
この状況が今頃はなんとかなっていたら
本当に嬉しかったのですけれど………。

一縷の望みが叶う日が来るといいのですが、
只、コロムビアさんには、
未だCD化がお蔵入りになっている
あのカセットコミックシリーズを、
なんとかCD化して発売して頂ければ
私はそれなら購入するのですが…。
こちらはCD化での発売を希望されるファンの方も
結構いらっしゃるんですけどね。
今のエリシオン編完結記念としてでも、
もうこの際どんなお題目でもなんでもいいので
オリジナルキャストのかつてのお仕事振りの素晴らしさに
もう一度触れさせて欲しいです。


久々の書き込みの切っ掛けとなりました。ありがとうございました。
年内中にまた書き込みに来させて頂こうと考えて居ります。

では、失礼します。
2008/03/20(木) 09:32:29 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
抱き合わせ?
2007/5/23発売予定だった「サントラ 冥王ハーデス サン」が発売中止になるくらい不人気だったのに?
十二宮編と抱き合わせても売れなさそうですが・・・。

影山さんのインタビューで、南米等のラテン圏での公演では「ソルジャードリーム」が一番人気だとおっしゃってました。

送り手も受け手も作品に誇りと愛情をもって、世界中の人たちに良い思い出をくれたタイトルだったのに・・・本当に、なんでこんな事になっちゃったんだろう。
2008/03/22(土) 00:34:19 | URL | VicIsono #y.kSEXFg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/06(日) 18:37:05 | | #[ 編集]
何故制作続行するのか?
久し振りです、皆様、何故新声優の星矢アニメを、ましてや売れないにも関わらず制作続行をするのか?星座物語に情報提供して下さった方の話によりますと車田氏の声優並びに監督変更して制作する事をスポンサー、スタッフの断固とした反対の為星矢アニメの制作打ち切りが決まりかけた時東映アニメの上層部から聖闘士星矢はまだ商売になるから売上が落ちても構わないから車田氏の言うとうり制作しなさいと命令が下された後「リングにかけろ」のアニメを2シーズン、それと新声優と勝間田演出、黒田脚本とで冥界編、エリシオン編を制作すると言う契約を車田プロ並びに東映アニメがしてしまったそうです、声優交代の正式発表後に抗議運動を起こされ車田プロと東映アニメも事の重大さに気がつきなんとかしようと考えたらしいのですが契約書類がある以上売れないのが分っていても制作しなければならない為どうしようもなく冥界編前章、後章、エリシオン編と制作したそうです、何故前章の時点で発売数ヶ月にてワゴンセール送りになったにも関わらず制作出来たのか、契約解除出来ない為らしいのです、もう東映アニメも石川五右衛門状態になっている訳です、5円玉をポンポン捨てているのと同じ状態なんですね、私達ファンの知らない所でこんな事が続いていた訳ですからやるせなさを感じます、
2008/04/15(火) 22:03:37 | URL | 浅葉義行 #-[ 編集]
2008年7月30日
管理人さん、りつさん、日本コロムビアよりかつてのコンプリートソングコレクションとエターナルコレクションをまとめたメモリアルCD-BOXが7月30日に発売されました、ハーデス十二宮編、冥界編、エリシオン編、天界編序奏の為に制作された歌とBGMは一切収録されません、復刻盤です、オリジナルキャスト支持派が久々に購入出来る星矢関連商品です、かつてのTVシリーズと旧劇場版4作のDVDは現在廃盤になっており旧劇場版のDVD-BOXはAmazonにまだ新品在庫が残ってます、DVDの方も旧TVシリーズのDVDの復刻を願いたいですね、
2008/07/31(木) 21:10:14 | URL | Yoshiyuki #-[ 編集]
エリシオン編DVD順位と枚数の最終報告とレスです
久々にお邪魔致します。
お初の方は始めまして、りつ と申します。
旧原作エピソード最終章エリシオン編の
DVD売上結果が全て揃いましたので書き込ませて頂きに参りました。

以下のデータは、売上結果の報告の書き込みがあるスレッドの
書き込みデータを基にして、
順位等の表記の仕方に手を加えています。
アニメ部門上位3位分も参考資料として書き込みます。
では、結果報告です。


◆エリシオン編・オリコンDVD週間ランキング初動結果◆

 2008/04/07付 ※総合順位のみ
 5位 機動戦士ガンダムOO 3 25,135枚
 6位 魔法少女リリカルなのはStrikerS 9 19,961枚
 7位 天元突破グレンラガン 9 17,211枚

 60位 聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編 1 3,943枚


 2008/06/02付
 総合 2位・アニメ 1位
   劇場版 空の境界 俯瞰風景(完全生産限定版) 58,779枚
 総合 3位・アニメ 2位
   ヱヴァンゲリヲン新劇場版 序 通常版 24,923枚
 総合 7位・アニメ 3位
   機動戦士ガンダム00 5 19,863枚

 総合 32位・アニメ 16位
   聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編 2 4,025枚


 2008/09/01付
 総合 1位・アニメ 1位
   コードギアス 反逆のルルーシュ R2 1 25,955枚
 総合 6位・アニメ 2位
   ARIA The ORIGINATION 5 9,027枚
 総合 10位・アニメ 3位
   純情ロマンチカ 限定版 2 5,947枚

 総合 18位・アニメ 8位
   聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編 3 4,048枚


以上です。
このデータがどなたかのお役に立つことを祈って。
 #エリシオン編を含む新体制後の二週目データを見付けても
 #書き込む予定はありませんのでご了承頂きたく思います


そして以下のデータは、
今現在までに入手することが出来た、
オリジナルキャスト・スタッフ体制での
TVシリーズ・劇場版のBOXを含めた
旧シリーズのDVD売り上げデータです。
ザッと今掻き集められるデータのみですが、
 #修正追加書き込みが出来るかは未定です
週間初動結果と月間のデータとなっています。
このデータの書き込みの途中のレスの中には、
その枚数の多さに
『星矢』の強さに驚いてらっしゃる方もいらっしゃいました。
かつてはそのような強さを発揮する作品だったのですよね…。
今後はもうその強さを取り戻すことは出来ないのでしょうか、
もう一度、
かつての体制に近い形での新作を観たいのですけれど………。


◆旧シリーズ・オリコンDVDランキング・枚数◆
※順位はすべて総合だと思います

 2002/12/30付 ※初動
 51位 聖闘士星矢 I ペガサスBOX 3,958枚

 2003年2月度月間 (02/03-24集計分)
 13位 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編 1 23,928枚

 2003年3月度月間 (03/03-31集計分)
 30位 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編 2 19,262枚

 2003年4月度月間 (04/07-28集計分)
 17位 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編 3 18,049枚

 2003年5月度月間 (05/05-26集計分)
 14位 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編 4 18,112枚

 2003年6月度月間 (06/02-30集計分)
 21位 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編 5 17,264枚


 2003年7月度月間 (07/07-28集計分)
 27位 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編 6 16,818枚

 ※売り上げ金額ベースより算出
 7位 聖闘士星矢 III アンドロメダBOX 7,527~7,558枚


 2003年年鑑TOP500より ※順位は不明
 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編 7 16,515枚


 2003年10月度月間 (10/06-27集計分)
  売り上げ金額ベースより算出
 13位 聖闘士星矢 IV キグナスBOX 7,367~7,398枚


 2003/11/03付 ※二週集計枚数
 43位 聖闘士星矢 冥王 ハーデス十二宮編
     よみがえりし黄金聖闘士たちの神話 前編 5,149枚
 47位 聖闘士星矢 冥王 ハーデス十二宮編
     よみがえりし黄金聖闘士たちの神話 後編 5,075枚


 2004年8月度月間 (08/02-30集計分)
  売り上げ金額ベースより算出
 21位 聖闘士星矢THE MOVIE BOX[初回限定生産] 6,511~6,515枚


以下はオマケとして。
この年以降に『星矢』の名前が挙がることは今の所無いようです。

 ◆バンダイビジュアル パッケージ売上構成比◆

2005/2期 (233億)
22% ガンダムシリーズ
13% 攻殻
*6% 北野武
*6% カウボーイビバップ
*5% クレしん
*3% 実写セーラームーン
*3% ボトムズ
*3% 世界名作劇場
*3% プラネテス
*3% 星矢




そして最後にもう少しお付き合い下さい。
個人的なことなのですが、ここ数ヶ月間、
『星矢』に関することに触れたのは売り上げデータのみで、
それ以外の情報等には一切目を通していないので、
エリシオン編がどのように評価されているのかを知りません。
経緯はどうであれ観続けて良かったと思える評価となっているのか、
それとも相も変わらず残念な内容となっているのか、
ここまで付き合って来られた方にとって
前者であれば幸いな事なのだろうと思いますが、
今の所私がそれらを知る予定はありません。
余裕も無いので見ることが出来ないと言うのが現状なのですけれど。

ともあれ、私がアニメ『聖闘士星矢』の為に出来ることは、
やり切ったのかなと言う気持ちです。
そして、これで最後になるのかなと言う気持ちでも居ます。
もしも数年以内に、
オリジナルキャスト・スタッフ版を望む者にとっての
幸福が訪れてくれればとの小さな望みを抱きつつ、
書き込みを終了したい気持ちです。


ここからはレスなど。

>Yoshiyukiさん

遅ればせながらなのですが、
貴重な情報の書き込み、ありがとうございますm(_ _)m。
上記に書き込んだ通りの状況でしたので、
数ヶ月振りにこちらを拝見させて頂いたのでたった今知りました。
一応Amazonでチェックしてみましたが、
過去のレコードの頃からCD化された物も含め結構購入していたので、
今回の商品は私は購入対象外の商品でした。
エターナルエディションも購入済ですし。

それにしても、どうしてあのお蔵入り中の
カセットコミックシリーズを商品化して頂けないのでしょうね;。
単品CD化して頂ければ即購入決定なんですけれど……。

 > 旧TVシリーズのDVDの復刻

あると良いですね…。発売・販売元や契約問題などで難しいことも
もしかしたらあるのかも知れませんが、
原作付きアニメ化作品としてなどの色々と突っ込み所はあれど、
熱い気持ちになれる多くのファンが居た作品であったことには
代わりは無いのですから、いつか復刻が実現すると良いですね。



>管理人さんへ

私は、管理人さんが沈黙を守ることで
こちらのブログサイトの存続を選択して下さったと解釈しています。
私が書き込ませて頂いた回数も、
書き込み申告をせずにリンクや文章の修正などをさせて頂いたりの
編集参加を含めると、
本当に多くの回数での参加をさせて頂きましたが、
 #今回も以前の書き込みの修正をさせて頂きました
その間、意見をして下さりながらも、
温かく見守って居て下さり、本当にありがとうございましたm(_ _)m。
そして、
まだ暫くはこちらの存続をし続けて下さると幸いに思います。
こちらの多くの皆さんの書き込みが支えとなる方が、
私を含め、いらっしゃるかも知れませんし、
勝手な思いではありますが、
出来るだけ、拠り所となっり続けて頂ければと願っています。

それでは、失礼しますm(_ _)m。
2008/08/31(日) 08:48:35 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
声優変更のタイミング
このサイトでは鈴置さんが亡くなられた現在においてもオリジナルキャスト復活を願う方がりつさんを初め大勢いるんですね、りつさん、ここでは視点を変えたコメントにしたいと存じます、声優変更についてですが何故最初から冥界編ではなくハーデス十二宮編の時点で行わなかったのか、りつさんも読まれたと思います、ハーデス十二宮編のムック本の古谷さんのインタビュー、ハーデス十二宮編の話を聞いた時、TVシリーズ終了から13年が経過している、当時出演していた声優の高齢化やそれに応じた出演料を考えると若手中心にならざるを得ない自分は再起用されないだろうと、しかし古谷さんは制作スタッフから当時の声優も可能な限り再起用するとの話でオファーを受けたそうです、古谷さんのコメントのとうり当時の声優を再起用するのは困難な事であるとなっていまして何故中途半端に冥界編からになってしまったのか、天界編序奏を何故制作したのか、あれは声優変更を強行しようとした車田氏をあきらめさせる為にメディアミックスと言う方法をとったんじゃないかと、中途半端でしたね、当時何故ハーデス編のあとの続編をやるのか?車田氏も声優変更を強行するのであれば何故ハーデス十二宮編から実行しなかったのか?多くの方が出来るだけオリジナルキャストで原作どうりに一度完結させた上でリメイクなり新シリーズつまり天界編からの声優交代なら納得出来たとりつさんも仰っていましたよね、新シリーズつまりハーデス十二宮編からで良かったんです、もし当時の声優を可能な限り再起用するのであれば筋を通して頂きたかったアイドルやレスラーの皆さんにかつての声優の役に起用した時点でおかしいと感じました、古谷さんの発言が正しければハーデス十二宮編から声優変更すべきだったと思います、そうすれば今ほどの問題にはならなかったと思います、りつさん、私のコメントどう思いますか?
2008/09/12(金) 16:15:43 | URL | サー・カウラー #-[ 編集]
Blu-ray化
スパムの山に埋もれていますが、非買運動の参加者も
それぞれスタンスの違いがあり、十二宮編での変更ならば
残念だけれど仕方がないと受け入れていたかも知れない
という意見の皆さんも多数いらっしゃいます。

『ハロー!レディリン』や『キン肉マン キン肉星王位争奪編』
のような先例もあることですし、私も残念には思っても
ここまでの憤りは覚えなかったと思います。

十二宮編の出来が素晴らしく、特に声優陣の演技は
尻上がりに良くなっていった。
そして天界編でシリーズ継続への期待が高まった
ところで、あの乱暴な交代劇と原作者の暴言ですから。

今後はBlu-ray化で再度旧シリーズの商品化があると
思われますが、旧シリーズファンの喜ぶオマケ
(コメンタリー等)は付きそうにありませんね。
それこそ、カセットコミックシリーズのCDが
予約特典につくなどすれば、DVDを購入済みのファンも重ねて
購入するでしょうに。
2008/09/12(金) 23:06:42 | URL | VicIsono #y.kSEXFg[ 編集]
変更に関する私の印象と古谷さんと山内監督のこと
>サー・カウラーさん

初めまして、りつ と申します。
このキャスト変更の問題に関しては様々な憶測も含んで
色々な情報が飛び交っているので、
どれが真実なのか内部の人間で無いと
判別が不可能な部分もありますね、めんどくさいことにね(^^;。
なので、一応間違ってはいないであろう部分から受けた
私の印象を申し上げてみますね。

まず、原作者である氏に関しての印象を述べさせて頂きますが、
以前公開されていた東映の『星矢』公式サイトの掲示板にて、
試写会の様子をリポートされている方の書き込みを
何度か拝見したことがあったのですが、氏はその時には、
大変楽しまれて参加されていたようでしたので、
その時点ではあまりキャスト変更の必要性は
感じて居られなかったのでしょうね。
ハーデス十二宮編の時のレスラーの方を
その時に氏が知り合いとして舞台上に連れて来られ、
確か、
 「こいつを声優に起用していいかー」
とファンにノリノリで聞いてらっしゃって、
それに関して参加されていた方達がこれまたノリノリで、
 「おー」
と歓声を上げ了解している雰囲気の
和気アイアイな試写会場だったようで、
そのレスラー起用の展開には書き込んでらした方は
その展開には勘弁して欲しい心境でその場に居たとのことでした。
で、問題の天界編序奏の時にも、
氏は試写会に参加されて居た訳ですが、
その時の様子は古谷さんのサイトの公式の掲示板で
詳細に書き込まれていた方がいらっしゃったのですが、
その様子からは氏は楽しんで参加してらっしゃったとしか
受け取れないご様子でしたので、
まさか裏では様々な攻防戦が行われていたなどとは
思いもしなかったです…。

私が受けた印象では、ハーデス十二宮編終了後、
途中で『リンかけ』の深夜放映のTVアニメ化が入って来て、
荒木プロの方達がそれに係わる為に
『星矢』のアニメ制作は今は無いと
当時古谷さんが御自身の掲示板で
ファンの方の質問に答えてらっしゃったのですが、
その『リンかけ』のスタッフには
冥界編から新スタッフとして係わっている黒田氏が参加されていて、
その黒田氏はかなりの車田氏のファンだったようで、
それ以降車田氏のお気に入りになったのではとの印象があり、
そして新キャストの星矢役の方とも
この『リンかけ』の主人公担当声優として知り合い、
以降懇意にしてらっしゃり現在に至っているようなので、
この『リンかけ』での出会いが、
新スタッフ・新キャストへと気持ちを加速させたのでは無いかとの
印象を持っています。
御自身が冥界編制作に向けての雑誌のインタビューで
仰っているんですよね、
自分が気持ちいいと思えるスタッフと現場で仕事がしたいんだと。
氏が仰っていることの
その原動力となってしまったのが、
『リンかけ』のTVアニメでの出会いにあったのだろうと
私は思っています。
なので、タイミングが可笑しなことになってしまったのだろうと。
せめて『星矢』の続編が『リンかけ』より先行して制作がされていたら、
ファンの誰もが知らなかった新しいストーリーからの
キャスト・スタッフ一新のスムーズな流れとなったのでは無いかと
思っているんですけれど…。
すべての真実は藪の中ですが……。

あの天界編序奏が氏の内容への横槍が無く、
当初スタッフが構想していた通りの
東映まんが祭りのノリの作品となっていたら、
多くのファンが待ち望んでいた『星矢』が帰って来たと
受け入れて頂けたかも知れません、
賛辞の多い作品となったかも知れません。
しかしながらスケジュールギリギリの展開となってしまうこととなった、
氏の要望を織り込んだ脚本の書き直しが起こってしまい、
それらが荒木さんら現場のスタッフが相当しんどい事態を招き、
最後のオチもアフレコ収録の当日になっても
決まり切らない状況となり、
あれこれイビツな形の天界編序奏と言う作品となってしまったのだと、
私は思っています。

サー・カウラーさんが仰るように、
ハーデス十二宮編からの変更なら、
こんなにもファンの気持ちが混乱する元となる
氏のマネージャー氏名義での告知文も存在せず、
古谷さんへ氏のメールが送られることも無く、
それらが公表され
その内容がファンの目に触れることも無かったでしょうし、
キャストの方々スタッフの方々そしてファンが
あんなにも傷付けられることも無く、
すべてが時の流れゆえだと仕方が無いんだなと
皆さんがそれなりに理解出来たと思うんですけれどね、
残念ながら、
最悪な流れで今のような事態になってしまったので、
もうなんとも言い様が無いですけれどね。
本当に残念なことでした…。

 ※一部編集修正しました #その後何度か修正しました


>VicIsonoさん

お久し振りです。
Blu-ray化と言うのもかつての状態ならば有り得たでしょうが、
現在の『星矢』の売り上げでそれが実現されるのでしょうか…。
 #意外と有り得てしまいそうですが;
もし実現されても東映からの発売になるんでしょうね。
でも、
カセットコミックシリーズのCDを予約特典に付けるのは
私は勘弁して欲しいですね(^^;。
普通に単品発売を希望します。是非単品で実現して欲しいです。



■古谷さんと山内監督の新アニメ■

所で、
山内監督が東映を辞めてフリーになられたとの情報を目にしました。
これで私が望んだ形での総集編版リメイクも
不可能となってしまったと言うことですかね;。

古谷さんが雑誌『ガンダムエース』でコメントしてらして、
『星矢』から外された3名にて
『キャシャーン』を制作されるとのこと。

実はちょっと楽しみにしています。
山内監督と古谷さんが居るという以外にお楽しみなのが、
キャラクターデザイン担当の馬越さんは
恐ろしく画力のある方とお見受けしている方でして、
 #個人的には日テレの深夜アニメ『ベルセルク』で知りまして
 #色んな意味でとんでもない問題作で大好きな作品です
今の『星矢』で高揚することの無くなった私ですが、
この新たな『キャシャーン』で
思い掛けなかった楽しみな時間を過ごすことが出来たらなと
願っている私でした。
一応関連記事のURLを入れて置きますね。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080816-00000000-lisn-musi

 http://animeanime.jp/news/archives/2008/03/3_9.html


では、取り急ぎの書き込みとなりますが、これにて失礼します。
2008/09/14(日) 15:01:15 | URL | りつ #VNwB1yQs[ 編集]
りつさん、有難う御座います
りつさん一応キャシャーンの記事読みました、山内監督、脚本は小林靖子さん、小林さんは星獣戦隊ギンガマン、未来戦隊タイムレンジャー、仮面ライダー龍騎、実写版美少女戦士セーラームーンのシリーズ構成者だった方ですよね、実写では2006年にウルトラマンメビウスがありましたがあれは過去のウルトラシリーズのオリジナルキャストを可能な限り再起用した事で話題を集めましたがウルトラシリーズ40周年記念であったと同時に星矢20周年記念でもありました2006年は、星矢もハーデス十二宮編から冥界編、エリシオン編まで可能な限りオリジナルキャストを再起用したままであって欲しかったですね、メビウスは過去のシリーズの完結編でしたので、星矢の完結であるハーデス編もこうなって欲しかったです、
2008/09/20(土) 20:58:03 | URL | サー・カウラー #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/12/21(日) 21:10:55 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/02/20(金) 17:03:17 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/13(水) 00:31:02 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/07/17(土) 00:16:26 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/12(火) 01:03:51 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/11(木) 03:07:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://refusetobuy.blog29.fc2.com/tb.php/8-6947ff47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。